2022/09/30

栗剥きを頑張る

20220930_1

午前中は、こぎつねの連れ合いの親の兄の葬儀があって、家族のみの密葬ということで、葬儀の前にお参りしてきた。

極少人数での家族葬で、こちらも告別式のみの一日葬ということだった。

自宅に戻って7キロ近くの栗を貰ったので、栗剥きをすることにした。

先週の数倍で、渋皮煮ばかりにする訳にもいかないので、剥いて冷凍保存することになった。冷凍して置けば、栗ご飯や煮物などに使えて便利だ。

栗の皮むきには新潟三条の諏訪田製作所の「栗くり坊主」しかない。

栗の実は凸凹があったり、渋川を巻き込んだりしているので、製菓用の栗のようにきれいに剥くと小さくなってしまうので、そのへんは適当にということで剥くことにした。

黙々と剥いていたけれど、5キロほどで手が攣ってきたので、残りは焼き栗と茹で栗にすることにして終了。

栗を茹でるには、シャトルシェフを使ってみた。シャトルシェフの内釜に栗を水を入れて煮立ったら、保温容器の中に入れて置けば出来上がり。

茹で栗は、実だけをスプーンで取り出して、お菓子用に冷凍することにした。実際にはこれもちょっと大変だった。

続きを読む "栗剥きを頑張る"

| | コメント (0)

2022/06/21

すずしろ蕎麦

20220621_1

今日は二十四節気の「夏至」、七十二候の「乃東枯る」、「世界水路の日」、「正倉院宝物はじまりの日」。

28度と真夏日に届かなかったけれど、湿度が高いので不快指数は高かった。

昼は、久しぶりにすずしろ蕎麦。

大根のシャキシャキ感が夏らしい。

| | コメント (0)

2022/06/20

土浦冷蔵のかき氷

20220620_3

霞ヶ浦の帰りにCOVID-19の感染拡大で昨年は自粛していた土浦冷蔵のかき氷を食べてきた。

駐車場が空いていたし、店内も独り占めだった。

二年前より値上がりしていて400円になっていた。

土浦冷蔵のかき氷は年中営業しているけれど、冬はちょっと行く気にならない。

去年の3月に日テレのぶらり途中下車の旅で石井正則がレポートしたということだ。

| | コメント (0)

2022/05/19

大洗苫小牧航路往路

日の出が4時台なのに目覚ましをかけ忘れて5時40分頃に目が冷めて、慌てて支度をして甲板に上がって、6時から観察開始。

強めの北風が吹いていたけれど、海は穏やかで凪の状態で、ライトダウンのジャケットを来てカッパを着た状態で寒いというほどではなかった。

オオミズナギドリがちらほら姿を見せていて、水面に降りている群れが船に驚いて飛び立つのを見ながらいつもの航路の感じでゆったりしていたら、オオトウゾクカモメが前方に出現した。

慌てて撮ったので、ピンぼけ。

その後、クロアシアホウドリやコアホウドリが出たり、オオトウゾクカモメが出たりとと楽しんでいた。

8時前に金華山が見えてきてからオオミズナギドリの群れにハシボソミズナギドリ、ハイイロミズナギドリ、アカアシミズナギドリなどがまじり始めた。

それにしてもハイイロミズナギドリ、アカアシミズナギドリの数が多いのに驚いた。

最初の頃は、ハシボソミズナギドリだと見逃していた中にもハイイロミズナギドリ、アカアシミズナギドリいたようだ。

アホウドリの成鳥が浮かんでいるのが見えたりと、鳥は途切れることなく見られていた。

シロエリオオハムを何度も見ることができた。

ウミスズメ、ウトウも見られてが、カンムリウミスズメが出たのに見ることができなかった。

オオトウゾクカモメだけでなくシロハラトウゾクカモメも何度か出現した。

いつもは暇を持て余すことがあったけれど、なかなか気が抜けない状態で、楽しい予感がしていた。

ウミウとヒメウの群れが船を追い越していった。

久慈沖まではクロアシアホウドリが多かったけれど、それを過ぎる辺りからコアホウドリが多くなってきた。全体に数が多く2種合わせて100羽を超えているようだった。

後半を数えてみようかということで、2種を数えていたら最終的には200羽を超えていた。

八戸沖あたりからハイイロヒレアシシギの群れと何度も遭遇し始めた。中にアカエリヒレアシシギが混じっていることがあったが、それほど多くはなかった。

先週、北海道の北でアカエリヒレアシシギの大きな群れが観察されているので、速く移動しているのだろう。

イシイルカとアシカの群れが通過したり、ザトウクジラも見ることができた。

津軽海峡を超えたあたりから雨が降り出したので、雨宿りしながら観察して、17時半頃に観察を終了した。

仮眠している間に苫小牧フェリーターミナルに到着。

夕飯はタクシーでいつもの回転寿司店で、生寿司を食べてきた。

乗船してすぐに風呂に入った。大きな風呂を独り占めで、快適。

【観察した野鳥】
シロエリオオハム、コアホウドリ(100+)、クロアシアホウドリ(100+)、アホウドリ(7)、オオミズナギドリ、ハイイロミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、アカアシミズナギドリ、ヒメウ、ウミウ、アカエリヒレアシシギ、ハイイロヒレアシシギ、ウミネコ、オオトウゾクカモメ、シロハラトウゾクカモメ、ウミスズメ、ウトウ 17種

続きを読む "大洗苫小牧航路往路"

| | コメント (0)

2022/05/07

銚子で鯖ラーメンとソフトクリーム

20220507_1

今日は「博士の日」、「コナモンの日」。

雨の予報だったけれど、友達と千葉方面にシギチドリを探しにでかけた。鳥は過去最低の成果だったけれど、昼食とおやつで完全に挽回できた。

昼食は銚子駅から海岸までの駅前通り(?)にある銚子セレクトショップの食堂「紀銚」で鯖ラーメンの醤油味を食べてみた。

鯖ラーメンの醤油味は、鯖とカツオの出汁と油で揚げた骨なしの鯖が載ったラーメンということで、魚が苦手なきたきつねとしては興味半分で食べてみた。

スープを一口飲んで、鯖を食べてみたが、鯖の独特の香りがいい感じで、これがちょっと目からウロコの旨さでした。

レモンを鯖に絞ってみたが、これも味の変化を楽しむことができた。

続きを読む "銚子で鯖ラーメンとソフトクリーム"

| | コメント (0)

2022/03/12

ジンギスカン鍋パーティー

20220312_10

今日は「奈良・東大寺二月堂お水取り」、「半ドンの日」、「サンデーホリデーの日」、「パンの日」。

夕方からこぎつねの所でジンギスカン鍋パーティー。

久しぶりでやはりラム肉は美味い。

| | コメント (0)

2022/02/19

たこ焼きを楽しむ

20220219_8

今日は二十四節気の「雨水」、七十二候の「土が潤い起る」、「万国郵便連合加盟記念日」、「プロレスの日」。

COVID-19のワクチンの腕の痛みはほとんど無くなった。

昨日は予約してから二ヶ月待ったエコキュートの交換工事だった。順調に3時間半くらいで終了した。

これで当分安心してお湯が使えることになった。操作方法はほぼ同じだけれど、リモコンが相当進化したようだ。

今頃考えても遅いのだけれど、暮れの修理で問題なく使えていたので、あのままでも当分大丈夫だったから壊れてから交換すればよかったかなと思ったり、寿命が10年程度のものを16年も使ったのだからやはり早めに換えてよかったのかなと思ったりしてしまった。

なんだか急にたこ焼きが食べたくなったので、冷蔵庫の有り合わせでホットプレートを出してきてたこ焼きを楽しんだ。

タコがないので、ウインナー、チーズ、キムチを入れたたこ焼きはそれなりに旨かった。

| | コメント (2)

2021/12/09

佐呂間の牡蠣が届いた

20211209_1

今日は「障害者の日」。

今年も札幌の親友からサロマ湖の牡蠣が届いた。

例年になく大ぶりの牡蠣が殻の中にびっしり詰まっていて、早速酒蒸しにして食べたけれど旨いのなんの全部食べてしまった。

あまりの旨さに、最近はめったに飲まない缶酎ハイを飲んでしまった。

明日は牡蠣のむき身を楽しむことにしようと思っている。

殻付きの牡蠣はブリキの缶に入っているので、酒を入れて蓋をしてそのままコンロに載せて酒蒸しにできる。

食べたい気持ちが先になって、食べる前の写真を撮るのを忘れてがっついてしまったので、缶に詰まった食べ終わった殻の写真しか撮れなかった。

続きを読む "佐呂間の牡蠣が届いた"

| | コメント (0)

2021/11/30

久しぶりに東京へ

20211130_1

今日は「シルバーラブの日」、「カメラの日」、「鏡の日」。

どうしても行きたいところがあったので、3月25日以来久しぶりに常磐線に乗って東京にでかけた。

地下鉄を使ったけれどこちらは去年の2月以来。

通勤時間帯なのに常磐線は空いていたけれど、地下鉄は座席がない位だった。

やはりCOVID-19の影響でリモートワークや不要の外出を避けることは続いているのだろう。

東京は乗り換えも含めてよく歩かなければいけないことに今更ながら驚いてしまった。

目的地の新宿御苑に開園前についたのだけれど、すでに入り口は長蛇の列。

続きを読む "久しぶりに東京へ"

| | コメント (0)

2021/11/22

柚子ジャム作り

20211122_1

今日は二十四節気の「小雪」、七十二候の「虹隠れて見えず」、「長野県りんごの日」、「いい夫婦の日」、「回転寿司記念日」。

久しぶりに雨が降った。こんな日は雨読の一日。

友達が九州の完熟柚子を持ってきてくれた。すごくいい香り。

柚子ジャムにすることにして、きたきつねは下ごしらえ。皮を細かく千切り、実から種取りなどして終了。

後はジャムはかみさんに任せて終了。

続きを読む "柚子ジャム作り"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧