2018/03/25

映画「北の桜守」

20180325_2

吉永小百合さん主演の映画「北の桜守」を見てきた。

きたきつねの父はシベリア抑留者で母は樺太引揚者なので、なんとなく縁を感じる映画だった。

終戦後の樺太からの引揚げで、長男を引揚船を魚雷攻撃で、夫をシベリア抑留で失った母子の生きていく苦労がえがかれているのだけれど、悲惨な場面をリアルに描くのではなく、劇中劇で表現する手法だったようだ。

タイトルの「桜守」は、最後の最後になって分かる仕掛けだった。

「桜守」につながる部分がなんともしっくり来なかったのはきたきつねの理解不足なのだろうか。

最近は涙腺が壊れているので、どの場面でも涙がでるので、こまったものだ。

続きを読む "映画「北の桜守」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/11

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」

20180211_2

DESTINY 鎌倉ものがたり」は、「三丁目の夕日」で有名な西岸良平さんの漫画雑誌に連載の「鎌倉ものがたり」を原作にした映画だ。

原作の漫画は鎌倉市を舞台にしたミステリーなのに妖怪、怪談ものの雰囲気が強いので、映画はその雰囲気を活かして妖怪・怪談ものに仕上げられている。

西岸良平さんのなんとなく昭和を感じさせる雰囲気の漫画を上手く映像化している。

舞台となった古都鎌倉は妖怪や魔界が似合う街のひとつかもしれない。

山崎監督は、西岸良平さんのなんとなく昭和を感じさせる雰囲気の漫画を上手く映像化している。特に、江ノ電を上手く活かしていて、監督は鉄?。

続きを読む "映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/01

映画「ザ・マミー」

170801_2_2

シネマコンプレックスのポイントが溜まったので、トム・クルーズ主演の「ザ・マミー」を見てきた。

ユニバーサルのモンスター映画シリーズ「ダーク・ユニバース」の一つとして作られたらしい。

5000年前のミイラになった邪悪な王女が復活するモンスター映画なのだけれど、見ていて古臭い感じがしていた。

インディー・ジョーンズのように設定が昔の話なら古臭くても良いのだけれど、現在の設定なのに不思議と戦前の臭いがする場面とストーリー展開になっている。

トム・クルーズは格好良いけれど、キャラクター設定が最後までよくわからなかった。

それにしても、トム・クルーズは途中から不死身になって肋骨が折れても平気になるぞ。


続きを読む "映画「ザ・マミー」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/17

映画「家族はつらいよ2」

170617_10

見に行こうと思ってなかなか行けなかった山田洋次監督の「家族はつらいよ2」をつくば市のシネマコンプレックスに見に行ってきた。

高齢者の免許返上問題と孤独死をテーマにした内容で、山田洋次喜劇で面白かったけれど、前作品に比べるとドタバタ度が増してしまっているような気がする。

山田洋次監督らしいお約束の笑いが満載でただ笑ってみていればと思ったけれど、無理に笑わせようとしなくてもいいような気がした。

それにしても主人公の友人を火葬した斎場が、政令指定都市の横浜市の斎場とは思えないショボさはいただけない。横浜市民がみたらビックリするだろう。

続きを読む "映画「家族はつらいよ2」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/13

映画「生きとし生けるもの」

170613_2

北海道の鳥友が撮影に参加している今津秀邦監督の映画「生きとし生けるもの」を見にいってきた。

6月3日に公開されているけれど、全国で3館という小規模な上映で、本州では東京新宿の角川シネマ新宿のみの上映となっている。

公開日程も今週末の16日までということで、急いで見に行ってきた。

一日2回上映なので、早めに着いたところ上映前に今津監督と編集の村木恵理さん、構成の多胡由章さんのトークショーがあるということで、ラッキーだった。

シアターは56席のミニシアターで平日の午前なので半分くらいの入りだった。

トークショーは20分位で、撮影もした監督の思い入れと商業映画にするする時の苦労話で、編集は相当大変だったようだ。

続きを読む "映画「生きとし生けるもの」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/22

映画「この世界の片隅に」

161222_1

今日は「改正民法公布記念日」、「労働組合法制定記念日」。

夕食後、近くのシネマコンプレックスにアニメ映画「この世界の片隅に」を見に行ってきた。

ずっと見たいと思っていたが、なかなかかみさんと日程の調整がつかず今日になってしまった。

こうの史代さんコミックが原作のアニメで、パイロットフィルムを作るためにクラウドファンディングを利用したという面白い取り組みで作られた作品になる。

オープニングでザ・フォーク・クルセダーズの「悲しくてやりきれない」が聞こえてきたのには驚いた。

戦争を挟んで、人々が生きていく姿を、優しい視線で描いていて、素朴で静かに物語が進むので、それが戦争の悲惨さを際立たせていた。

続きを読む "映画「この世界の片隅に」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/05

銀座カンカン娘

160905_1

今日は「国民栄誉賞の日」、「石炭の日」。昼前に雷雨が通り過ぎていった。

稲刈りのために先週の金曜日に宮崎県から休暇を取って帰ってきた友人が新米を届けてくれた。仲間のために毎年コメを作ってくれている。

昨日、BS日テレで放送された高峰秀子、笠置シヅ子、灰田勝彦共演の「銀座カンカン娘」の録画を見た。きたきつねの生まれた昭和24年8月放映だ。

戦後直ぐなので、こんな雑な映画でもみんな喜んで見ていたんだという印象だ。それにしても街や郊外の雰囲気が子供の頃の記憶と変わらなし、主題歌の銀座カンカン娘は歌えるし、非常に懐かしい感じがした。

続きを読む "銀座カンカン娘"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/29

映画「君の名は」

160829_2

新海誠監督のアニメ「君の名は」を見てきた。前評判や大ヒットなどというものは、作られたものだから無視しているので、面白そうだという予感で見に行ってみた。

大体、公開2日位でどうして大ヒットといえるはずがないだろう。

実際に見てみたけれど、なかなか面白いアニメだった。脚本とキャラクターが非常によくできている。

見る前は映画「転校生」のような単純な男と女の入れ替わりかと思ったいたけれど、違っていた。

時間と空間を超えた入れ替わりで、そのズレの感覚が面白い。ただ、初めて入れ替わったのに普通の生活ができてしまうというところは違和感があった。

続きを読む "映画「君の名は」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/27

映画「後妻業の女」

160827_16

今日から上映開始になった大竹しのぶ主演の映画「後妻業の女」を見てきた。

大阪を舞台に金持ち、病気持ちの老人の後妻になり、死後相続する形全財産を手に入れることを商売にしている女の物語で、ブラック・コメディーだ。

黒川博行の小説「後妻業」を映画化したもので、いかにもありそうな話になっている。

主人公の小夜子は、結局9人の男を毒牙にかけていて、なかなか死なない時には、事故や急に寿命が来るようにして効率よく稼いでいる。

大竹しのぶは変幻自在の怪演で、本当に会ったら騙されてしまいそうで怖いくらいだ。

続きを読む "映画「後妻業の女」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/23

ジブリ大博覧会

160823_9

文房具のイベントを見てから、六本木ヒルズの東京シティビュー内スカイギャラリーで開催中の「ジブリ大博覧会」を見てきた。

日比谷線六本木駅から六本木ヒルズのエントランスフロアーはドラエモンに占拠されていた。

「ジブリ大博覧会」は52階の展望階のスカイギャラリーなので、エレベーターで一気にのぼった。なんとシニア料金があった。

会場内は撮影禁止なので、写真は無いけれど、ジブリの30年の歴史が満載。各作品の企画書、絵コンテ、ポスターの原画、コピーのやり取りの手紙、工程表、宣伝スケジュール等本当に生の資料が展示されていてびっくり。二度と見ることのできない資料があることだろう。

続きを読む "ジブリ大博覧会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧