2018/06/22

ネイサン・エメリー「実は猫よりすごく賢い鳥の頭脳」

「実は猫よりすごく賢い鳥の頭脳」は2016年に発行されたNathan Emery "BIRD BRAIN A EXPLORATION OF AVIAN INTERIGENCE"の翻訳版になる。著者のネイサン・エメリーはロンドン大学で動物の洞察や想像力などについて研究をしている認知生物学者だ。

鳥頭ということばがあるように、本能だけで動いていて鳥は頭が悪いと考えられてきたけれど、1990年代から実験によって鳥にも未来の計画を立てたり、相手の心を読んだりといった複雑な認知能力があることなど、その汚名を覆す鳥たちの驚異的な能力を示す研究成果が次々と出されているということだ。

鳥は道具を使ったり、脳がマルチタスクが可能で意思決定は哺乳類より速い、方向感覚と記憶力が優れていたり、コミュニケーション能力や社会的学習ができたりといった鳥の知的能力を写真やイラストと共にわかりやすく紹介している。

続きを読む "ネイサン・エメリー「実は猫よりすごく賢い鳥の頭脳」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/21

キイロテントウの成虫と幼虫

20180621_1

今日は二十四節気の「夏至」、七十二候の「乃東枯る」、「正倉院宝物はじまりの日」、「世界水路の日」。

「ひざ裏のばし」と「壁ピタドローイン」を始めてから少しづつ体幹の筋肉が強化されてきたようで、足の動きが良くなってきた。

リハビリを兼ねて近所を散歩してきた。

道端の草木の葉を見て歩いていたら、クワの葉に黄色い丸いものが動いていたのでよく見るとキイロテントウの成虫だった。近くを見ると幼虫もいた。

5mmほどの小さなこのてんとう虫に気がつく人は少ないだろう。

続きを読む "キイロテントウの成虫と幼虫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/19

牛久自然観察の森で散歩

20180619_1

今日は「理化学研究所創設の日」、「元号の日」、「朗読の日」。

体幹強化体操をしているので股関節のリハビリを兼ねて牛久自然観察の森の散歩に行ってきた。

2時間ほどかけてゆっくりゆっくり歩いて回った。

ソウシチョウの声が聞こえていたので、筑波山から降りてきてしまったようだ。

続きを読む "牛久自然観察の森で散歩"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/16

雨上がりの里山散歩

20180616_1

今日は七十二候の「梅の実黄ばむ」、「天気予報記念日」、「家庭裁判所創立記念日」、「和菓子の日」。

目が覚めたときは雨が降っていたので今日は休みかなと思っていたが、朝食が終わる頃には雨が上がったので、恒例の里山散歩にでかけた。

雨上がりの里山は緑色がしっとりと落ち着いていい雰囲気だ。

大池にマガモの雄が3羽とオオバンがいた。昨年は2羽越夏したけれど、今年は仲間が増えて3羽で越夏することになりそうだ。

カイツブリはまだ雛が孵っていないようだった。

続きを読む "雨上がりの里山散歩"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/14

松原 始「にっぽんのカラス」

カラスについての楽しい本「にっぽんのカラス」がでてました。

日本で観察できるカラスについて基礎知識・雑学といろいろな生態を撮影した写真が一杯の本です。

カラスってなかなか写真を撮る気にならないのですが、この本の色々なカラスの行動や暮らしの写真がいいんです。

その他、カラスライフ in 札幌、カラスの研究論文のダイジェスト、カラスファンクラブへの招待、カラスの本、グッズといったカラス情報も充実していて大満足でした。

ハシブトカラスに後頭部をキックされたことのあるきたきつねもこの本を読んでいれば避けられたかもしれません。

続きを読む "松原 始「にっぽんのカラス」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/12

台風5号の影響を見に銚子方面へ

20180612_1

今日は「日記の日」、「バザー記念日」、「パンの日」。

台風5号が銚子沖を通過したので、なにか巻き込まれてきていないかと思って銚子方面に行ってみた。

台風がそれほど大きくなかったので巻き込まれた鳥はいなかったようで、港の中に弱った鳥も見つけられなかった。

沖にオオミズナギドリの大きな群れが延々と流れているのが見えた。

続きを読む "台風5号の影響を見に銚子方面へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/11

ハシボソミズナギドリの頭骨

20180611_1

今日は「入梅」、七十二候の「腐草蛍となる」、「国立銀行設立の日」。

台風5号が本州の南岸を通過したため、一日雨。おとなしく雨読。

ハシボソミズナギドリは、オーストラリアの島嶼で繁殖して4月から6月にベーリング海に向けて移動するのですが、その年生まれの巣立ち雛が衰弱死して日本の沿岸に打ち上げられることが知られている。

年によって変動するようだけれど、千葉県の九十九里、茨城県の鹿島灘の海岸などで打ち上げられたハシボソミズナギドリの死体を見ることができる。

24、5年前に海岸でハシボソミズナギドリを拾ってきて骨格標本を作っていた友人から貰ったハシボソミズナギドリの頭骨がでてきた。

続きを読む "ハシボソミズナギドリの頭骨"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/09

二週間振りに里山散歩

20180609_1

今日は「皇太子殿下結婚の儀」、「ドナルドダックの誕生日」、「ネッシーの日」、「ロックの日」。
梅雨に入って直ぐに中休みの好天が続いている。
先週はまごぎつねの運動会で来れなかったので、二週間振りに里山散歩。
里山は日々生き物にあふれてきていて、見るものや発見が多く非常に楽しい。

続きを読む "二週間振りに里山散歩"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/07

栃木県足利まで

20180607_1

今日は「母親大会記念日」。
ちょっと見たい鳥がいたので、栃木県足利までひとっ走り。残念ながら空振りだった。
帰りに群馬県板倉のケリを見てきた。道路際の水田なのだけれど、毎年同じ場所で繁殖しているようだ。
昔、足利の市民会館の渡り廊下の天井にコシアカツバメのコロニーがあったのを思い出して、寄ってみた。

続きを読む "栃木県足利まで"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/05

サギのコロニーを見てきた

20180605_1

今日は「世界環境デー」、「環境の日」、「熱気球記念日」。

午前中はNPOの会報の発送作業。人数が少なめでスタートが遅くなったので、いつもよりも遅くなってしまった。

帰りに近くのサギのコロニーを見てきた。ゴイサギ、アマサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギの5種が営巣している。

以前はアオサギも繁殖していたけれど、最近は別の場所に移ったようだ。

巣材を運んでいるペアから巣立ってしまったものまで色々なステージの状態が観察できた。

続きを読む "サギのコロニーを見てきた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧