2019/08/17

猛暑日が戻ってきた里山散歩

20190817_1

今日は「パイナップルの日」、「プロ野球ナイター記念日」。

南向きの風が吹いて、午前8時前に30度を越えて、最高気温が36度とまた猛暑が戻ってきた。

里山散歩にでようと空を見上げるとサシバが6羽、上昇気流に乗って遊んでいるようだ。

先々週は4羽だったけれど、6羽というのは家族なのだろうか、それとも里山が渡りの途中の集合場所になっているのだろうか。

真上まで飛んできた。

続きを読む "猛暑日が戻ってきた里山散歩"

| | コメント (0)

2019/08/12

早起きして珍しい鳥を見に

20190812_1

今日は「航空安全の日」、「茜雲忌」、「日中平和友好条約調印の日」、「君が代記念日」、「国際青少年デー」。

土曜日に珍しい鳥の情報があったけれど、予定があって直ぐに行けなかったので、今朝4時起きで現地に行ってみた。

北東向きの風の影響で濃霧が発生していた。目的の鳥は直ぐに見つけられたけれど、遠かったし霧で細かなところを確認できなかった。

急にポツポツと雨が降り始めて、直ぐに強い雨になったので、急いで車に戻ることにした。

戻る途中、鳥が近くに来たので、一応特徴を確認できた。

雨雲レーダーで見ると2時間ほどで雨雲が抜けるようなので、雨が降っていない別の場所に移動してシギ・チドリを観察してから再び現地に戻った。

 

続きを読む "早起きして珍しい鳥を見に"

| | コメント (0)

2019/08/10

懲りもせずに朝から里山散歩

20190810_1

今日は「健康ハートの日」、「道の日」、「トイレの日」、「地球市民の日」。

ようやく猛暑日脱出。1度違う真夏日というだけで涼しく感じるのは錯覚なのだろうか。

暑さにめげず、懲りもせずに朝から里山散歩。

真夏の里山は命に満ち溢れていて、空気に触れているだけで気分が良くなる。

野鳥はとても静かで普通に見ることのできるはずの種類が見えない。

里山の水田は田植えが遅いので、稲の花を見ることができた。稲の花は受粉するとすぐに閉じてしまうので、花が咲いた状態を見るのは難しいらしい。

ユウガギクやミゾソバが咲き始めた。薄紫のコバノギボウシやヤブミョウガはそろろ花が終わりそうだ。

続きを読む "懲りもせずに朝から里山散歩"

| | コメント (0)

2019/08/09

ツバメの塒入りを見に

20190809_1

今日は「長崎原爆の日」、「世界の先住民の国際デー」、「ハリ・灸の日」。

74年前、6日の広島に続いて長崎市に人類史上実戦で使用された最後の核兵器が投下されて約7万4千人が殺戮された。憲法を遵守して二度と悲惨な戦争は起こらないようにしなければならない。

連続の猛暑日で熱帯夜。この暑さの中で本気で来年オリンピックをやるのだろうか。

昨日のツバメの塒入りが不発だったので、方向を変えて千葉県の手賀沼のアシ原に行ってみた。明るい時間に着いて待っていたが、自転車で走っている人やランニング、散歩の人以外、バーダーは誰もいなかった。

日没直前にスズメの塒入りが始まった。飛び回るスズメの数は昨日の浮島の十倍を越えているようだ。

続きを読む "ツバメの塒入りを見に"

| | コメント (0)

2019/08/08

ツバメの塒入りを探しに

20190808_1

今日は二十四節気の「立秋」、七十二候の「涼風至る」、「そろばんの日」、「プチプチの日」。

暦の上は秋でも、まだまだ猛暑が続いている。

最近、老眼が進んで焦点が合わず、老眼鏡無しで本が読みにくくなってきた。

夕方から稲敷市の浮島にツバメの塒入りの状況を確認に行ってきた。昔は大きな塒だったけれど、最近は規模が小さくなってしまっている。

待っている間にオオセッカがしきりに鳴いていた。浮島には日中よく行くのだけれど一昨年辺りからオオセッカの声を聞くことがなかったので、もういなくなってしまったとおもっていたので、びっくりした。

日没前にカワラヒワが集まってきて、続いてスズメの群れがどんどん集まってきた。

続きを読む "ツバメの塒入りを探しに"

| | コメント (2)

2019/08/07

霞ヶ浦西浦右岸パトロール

20190807_1

今日は「七夕の節句(旧暦)」、「七夕(月遅れ)」、「鼻の日」、「バナナの日」。

8月に入って6日目の猛暑日、7日連続の熱帯夜。

睡眠時無呼吸症候群の定期検診日だった。CPAPの利用状況は完璧100%、血液検査結果も問題なし。

病院の後、霞ヶ浦西浦右岸パトロールに行ってきた。

稲敷市周辺は茨城県の早場米地帯で今月下旬には刈入れが始まるようだ。場所によっては中旬から刈入れが始まるだろう。

休耕田が殆どないし、蓮田もまだ少面積しか収穫していないので、開水面が少なくシギ・チドリ類はイソシギとコチドリだけ。

続きを読む "霞ヶ浦西浦右岸パトロール"

| | コメント (0)

2019/08/06

霞ヶ浦西浦中岸パトロール

20190806_1

今日は「広島原爆忌」、「World Wide Webの日」、「太陽熱発電の日」。

とうとう最高気温が36度に到達した。きたきつねの体温を越えてしまった。

広島に原爆が落とされた日で、人類にとって初めて殺戮に原子力が使われたことを決して忘れてはいけない。

午前中はNPOの会報発送作業。猛暑で開始時には人が集まらずに困ったと思ったけれど、途中からいつものメンバーが来てくれたので、いつもよりちょっと時間をオーバーして終了できた。

土浦まで行ったので、ついでに霞ヶ浦西浦中岸をパトロールしてきた。

もちろん猛烈な暑さで鳥は静かで、元気なのはカワウ、サギ類とツバメばかり、鳥の多くは口を開けてハーハーと苦しそうだった。

行く先々は魚の腐った臭いがしていた。

続きを読む "霞ヶ浦西浦中岸パトロール"

| | コメント (0)

2019/08/03

猛暑日の里山散歩

20190803_1

今日は「はちみつの日」、「ハサミの日」、「破産の日」。

猛暑日が続くともうどうしようもない気分になってくる。

もう暑いのは諦めて里山散歩にでかけた。

出発直前にサシバが4羽上昇気流に乗って帆翔していた。里山で繁殖していたファミリーなのだろうか。

夏は鳥は静になるけれど、里山は命に溢れていて見どころ満載で、今までしっかり見たり写真が撮れなかった虫を楽しむことができた。

続きを読む "猛暑日の里山散歩"

| | コメント (0)

2019/08/02

まごぎつねと東京散歩

20190802_1

今日は七十二候の「大雨時々降る」、「学制発布記念日」、「ホコ天記念日」、「パンツの日」。

夏休みになったので、早めの誕生日プレゼントでまごぎつねと東京散歩に行ってきた。

国立科学博物館で開催中の特別展「恐竜博2019」を見ることにして、オープン10分前に着いたけれど、すでに並んでいた。

チケット売り場が開くのを待っていたら出遅れるのが分かっていたので、前売り券を買っていたので、待ち行列に並ぶことができた。

NHKの「恐竜超世界2019」で予習していったけれど、まごぎつねは実物大リアル恐竜がいるかと思っていたらしく化石しか無いので戸惑ったみたいだった。

続きを読む "まごぎつねと東京散歩"

| | コメント (0)

2019/07/29

とりのなん子「とりぱん 25」

夏、冬の年二回発行が定着した自然系エッセイ四コマ漫画「とりぱん(25)」が発売された。

作者のとりのなん子さんが、巻を重ねる毎に興味を持つと今まで見えなかったり、聞こえなかったりするモノが見えてきたり聞こえるようになってくるのが分かって面白い。

同じコミック誌の連載でも、ストーリー物は途中からだとわからないので、継続して読まなければいけないが、「とりぱん」はエッセイ漫画なので一巻だけ読んでも面白いのも良い。

今巻は原稿が足りなかったのか、作者が昔描いた漫画が5話が再録されている。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧