2021/12/04

落葉が増えてきた里山散歩

20211204_1

今日は旧暦11月1日の「新月」、「血清療法の日」、「E.T.の日」。

快晴で風もなく気温も高めだったので快適な散歩。

里山の木々も黄葉が進み、枯れ葉がどんどん落ち始めてきていた。例年よりもずいぶん遅い。

霜が何度も下りていたので、アキアカネやモンシロチョウはもう見られなくなった。それでもコバネイナゴやヤマトシジミなどはまだ動き回っていた。

池のカモはマガモ、オカヨシガモなど8種類いて、カンムリカイツブリはまだ残っていて定着するかも知れない。

明るい林床に冬の蛾のクロスジフユエダシャクの雄が雌を探して飛び回っていた。飛べない雌を探すのだけれど見つけられない。

続きを読む "落葉が増えてきた里山散歩"

| | コメント (0)

2021/11/29

近所の川沿いを散歩

20211129_1

今日は「議会開設記念日」、「ダンスの日」、「いい文具の日」。

今朝はこの冬初めての氷点下を記録して、近くの畑は全面霜で真っ白。車の窓もしっかりと氷が張っていた。

昼過ぎに近所の川沿いに散歩に行ってきた。

川沿いの水田は銃猟ができる乱場(らんば)になっているので、散歩するときは注意が必要だけれど、ハンターを見たのは数年前に一度だけ。

途中のそば畑で芽がでていたソバは、寒さに弱いので連日の霜で綺麗に無くなっていた。

モンシロチョウは見られなくなっていた。

川の水面をカワセミが2羽飛んでいるのを見ることができた。

続きを読む "近所の川沿いを散歩"

| | コメント (0)

2021/11/28

椎尾山薬王院と筑紫湖

20211128_1

今日は「太平洋記念日」、「税関記念日」。

滅多に行くことがない桜川市の薬王院で開催された探鳥会に行ってみた。

常連が多く勝手にバラバラで鳥を見ていて、初めての人には入りにくいタイプの探鳥会であまり好きになれない。

11月中旬まで気温が高く、北の地方で雪が遅いので冬鳥の到来が遅いようで、鳥影が少ない。

例年だと鳴き声が五月蝿いカケスが全く見られなかった。

筑紫湖のカモ類も種類だけでなく数が少なかった。

鳥が居ないので薬王院の参拝に変更。

続きを読む "椎尾山薬王院と筑紫湖"

| | コメント (0)

2021/11/27

黄葉が始まった里山散歩

20211127_1

今日は七十二候の「北風木の葉を払う」、「ノーベル賞制定記念日」、「更正保護記念日」。

急に冷え込んできたので、里山も黄葉が本格してきた。雑木林の道には落葉が積もってきた。

午後から水戸で打ち合わせがあるので散歩は途中までで戻ってきた。

雑木林の林床をクロスジフユエダシャクが飛び始めていた。今度こそクロスジフユエダシャクの メスを見たいものだ。

アキアカネがまだ頑張ってる。

続きを読む "黄葉が始まった里山散歩"

| | コメント (0)

2021/11/26

乙戸川沿いを散歩

20211126_1

今日は「ペンの日」、「いい風呂の日」。

天気が良いので近くの乙戸川沿いに散歩に行ってきた。

霜が降るようになってきたので、昆虫はどうかなと思ったけれど、あまり影響がないみたいだ。

冬鳥はまだ動きがないようだ。

川に向かう途中のソバ畑は、収穫時のこぼれ種が芽を出していた。随分こぼれ種が多いようだ。

ソバは低温に弱いので、これから寒くなるので枯れてしまうのだろう。

続きを読む "乙戸川沿いを散歩"

| | コメント (0)

2021/11/25

初霜柱

20211125_1

今日は「ハイビジョンの日」、「女性に対する暴力廃絶のための国際デー」、「OLの日」。

今朝、氷点下近くの低温が長く続いたようで今年はじめての霜柱ができていた。

関東ロームは霜柱ができやすいで、関東平野の冬の風物詩なのだろう。

近所の散歩にでかけた。

先週キバラヘリカメムシのいたニシキギを見に行ってきたけれど、幼虫が全て成虫になっていた。

大きさの違う幼虫もいたので、成虫も大きさの違う個体がいた。

続きを読む "初霜柱"

| | コメント (0)

2021/11/18

キバラヘリカメムシの親子

20211118_1

今日は「もりとふるさとの日」、「土木の日」、「ミッキーマウスの誕生日」。

午前中は不調だったけれど、動けるようになってきたので近所を散歩

線路沿いの植え込みのニシキギにキバラヘリカメムシの幼虫が生まれていた。

この場所は毎年11月になるとキバラヘリカメムシが見られている。他の時期には探しても見つからないのだけれど、どこにいるのだろう。

 

| | コメント (0)

2021/11/06

里山散歩は途中まで

20211106_4

朝から腰が不調だたけれど、里山散歩をすれば気分転換で良くなるのではないかとでかけた。

足踏み脱穀機で谷津田の水田で収穫した米の脱穀をしていた。

池のカモは相変わらず少なく、今日はマガモが25羽ほどだった。

林の中でメジロが賑やかに動き回っていた。

やはり途中で間欠性跛行がでてきたので、途中までで帰ってきた。

続きを読む "里山散歩は途中まで"

| | コメント (0)

2021/11/03

マルハナバチの飛行

20211103_1

今日は「文化の日」、「文具の日」、「明治節」、「レコードの日」、「ゴジラの日」。

小春日和が続いていて天気が良いので出かけたいのだけれど、休養日。

ミラーレスでトラマルハナバチの撮影を試してみた。天気がよく明るかったのでコンデジよりは少しマシな写真が撮れた。

トラマルハナバチの動きが早いのに、劣化した反射神経がついていけない。

マルハナバチの仲間は口吻が長いので、筒状で長い花の蜜を吸うことができるので、ミツバチやアブが受粉できない花にとっては重要な役割がある。

| | コメント (0)

2021/10/30

快晴の空の下で里山散歩

20211030_1

今日は「ニュースパニックデー」、「初恋の日」、「世界のウチナーンチュの日」。

快晴で風もないので、快適な里山散歩になった。

風がないけれど、上昇気流がでているのかガマの穂が空に舞っていた。

気温が高目なので動物の動きが活発だし、晩秋から初冬の花が咲いていたりして見るものが多く、途中で立ち止まるので、予定の時間を過ぎてしまった。

カラの混群や渡ってきたホオジロ、ヒヨドリ、ウグイスなどで雑木林は賑やかになってきた。

池にようやくカモが少し入った。

続きを読む "快晴の空の下で里山散歩"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧