2017/04/29

爽やかな初夏の空の下で里山散歩

170429_1

今日は「昭和の日」、「天長節」、「社会教育週間」。

。空気が乾燥していて風が吹くと少し涼しい。

孟宗竹の竹林が「竹の秋」を迎えて黄葉が始まった。「竹の秋」は春の季語らしいけれど、もう旧暦でも4月なので、少しズレがあるのかもしれない。

山桜が終わったこの季節は、木々の若葉が広がり、それもそれぞれ異なった色なので里山全体が不思議な色合いで美しい。

ちょうどウワミズザクラが満開で、白い花がアクセントになっている。

続きを読む "爽やかな初夏の空の下で里山散歩"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/28

朝から霞ヶ浦パトロール

170428_1

今日は「サンフランシスコ平和条約発効記念日」、「身体障害者福祉法施行記念日」、「缶ジュース発売記念日」。

朝から霞ヶ浦パトロール。阿見大室から島津を通って美浦村木原・大山までの湖岸線を走って陸平遺跡から稲敷の西の洲干拓、甘田干拓から浮島、本新を回ってきた。

シギ・チドリは25日と同じで今ひとつぱっとしなかった。阿見の湖岸線にコムクドリがいたけれど、渡りの途中で警戒心が強く直ぐ飛んでしまった。

途中から激しい雨が降り始めてきたので、トイレ休憩を兼ねて浮島の駐車場でおにぎりを食べて休んでいたら、隣の車から女性がでてきてどこかムナグロが見られないかと聞いてきた。

トイレ裏の水田に10羽ほどいると教えてあげたが、手前のチュウシャクシギしか気が付かなかったようだ。

続きを読む "朝から霞ヶ浦パトロール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/25

稲敷から銚子を巡る

170425_1

今日は七十二候の「霜止み苗出ず」、「国連記念日」、「市町村制公布記念日」、「初任給の日」。

休養を十分とれたので稲敷方面にシギ・チドリを探しにでかけた。蓮田は植え付けがほぼ終わりに近づいたけれど、水田は田植えが最盛期のようで人がたくさん出ていた。

細かく回ったけれど、オオハシシギの20+羽の群れとムナグロの群れを見つけただけで、あとはキョウジョシギ、ウズラシギ、タカブシギ、コチドリくらいで消化不良だった。

浮島でトビが鳥を食べていたけれど、遠かったので種類は分からなかった。

続きを読む "稲敷から銚子を巡る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/24

知っているようで知らない鳥の話(サイエンス・アイ新書)

最近とんと本屋にいかなくなってしまった。行ったとしても雑誌売場で目的の雑誌を買ってレジに直行ということが多い。

というのも、近所に品揃えの良い本屋がないので、たまに大きな本屋に行くと何がどこにあるか分からないし、目が悪くなって書棚の背文字を見て歩くのがとてもつらいので、ついAmazonということになってしまった。

先週、欲しいフリーペーパーを貰いに行ったつくば市の大型書店に行った時に、自然系の書棚の前を通った時に「知っているようで知らない鳥の話」が目についた。パラパラと見てみると探鳥会のネタに使えるかなということで買ってみた。

ちょっと時間があったので読み始めたところ止まらなくなり、一気に読んでしまった。

書名の「知っているようで知らない鳥の話 恐るべき賢さと魅惑に満ちた体をもつ生きもの」の通り、鳥の行動、生態や生体について多様な話が詰まっていた。

続きを読む "知っているようで知らない鳥の話(サイエンス・アイ新書)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/22

見どころいっぱい晩春の里山散歩

170422_1

今日は「清掃デー」、「アースデー」、「カーペンターズの日」。

桜が散り、新緑が鮮やかになってきた里山に散歩に行ってきた。

曇り空だけれど寒くはなく、谷津や雑木林巡る道には、そこかしこに木々や草の花が咲き、チョウが舞い、ウグイスのさえずりを聞きながらの散歩は本当に心地よい。

池には旅の途中で翼を休めているカモなので数が少なくなっていた。空にはサシバが、水田にはダイ、チュウ、コの三種類のサギ、林の中に渡りの途中のカケスなどが見られた。

続きを読む "見どころいっぱい晩春の里山散歩"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/21

サトザクラの品種

170421_6

サトザクラはサクラの園芸品種の総称で八重咲き、枝垂れ咲きの種類が多いらしい。

満開のサトザクラをいくつか見ることができた。

黄緑色の花のソノサトキザクラ(園里黄桜)というのを初めて見た。ソノサトキザクラは長野のフゲンゾウ(普賢象)という桜の枝変わりで平成13年に見つかったらしい。

黄花の八重咲き品種にはギョイコウ(御衣黄)、ウコン(鬱金)、スマウラフゲンゾウ(須磨浦普賢象)などの品種があるらしいけれど。キョイコウしか見たことがない。

続きを読む "サトザクラの品種"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三番瀬と谷津でシギチ

170421_1

今日は「民放の日」。

小潮で潮干狩りの人出がないはずなので三番瀬に行ってきた。途中渋滞していて予定よりも一時間以上遅くなってしまった。

鳥を見終わって戻ってきた人がいたので状況を聞くと、シギ・チは数が少なく、飛んでしまっていないということだった。

仕方がないので、ミヤコドリを見に突堤にいって、スズガモの群れをみて、戻ってくる途中網の上を見ると沢山シギ・チが戻ってきていた。

オオソリハシシギ、ハマシギ、ダイゼン、オバシギ、ムナグロがいた。

続きを読む "三番瀬と谷津でシギチ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/20

国立科学博物館:卵からはじまる形づくり~発生生物学への誘い~

170420_13

帰る前に日本館1階で開催中の企画展「卵からはじまる形づくり~発生生物学への誘い~」も見てきた。

卵から動植物になる過程を非常にわかりやすく展示していた。中高生が回ってきたけれど、通り過ぎてしまっていたが、じっくり見てほしかった。

続きを読む "国立科学博物館:卵からはじまる形づくり~発生生物学への誘い~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国立科学博物館:大英自然史博物館展

170420_1

今日は二十四節気の「穀雨」、七十二候の「葭始めて生ず」、「郵政記念日」、「女子大の日」。

なかなか東京に出るタイミングがなかったので、思い切って国立科学博物館の特別展「大英自然史博物館展」と東京国立博物館の特別展「茶の湯」を見に行ってきた。

混雑しているのではないかと心配して科博には開場前に着いたのだけれど、やはり何時もとは違って列ができていた。といっても30人ほどで、混んでいるといっても東博の特別展の混雑とは桁がちがっている。

展示内容はダーウイン、スローン、オーエンなど著名な科学者とエピソードに出てくるモノが並んでいてもう感激してしまった。

続きを読む "国立科学博物館:大英自然史博物館展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/17

稲敷方面をパトロール

170417_1

今日は「春土用入」、「職安記念日」、「少年保護デー」。

午後から明日にかけて荒れた天気になりそうなので、稲敷方面にパトロールに行ってきた。

どうもこのところシギ・チの動きが分からない。今日は平日で蓮田の作業や田植えなどで人が沢山いたので、さらに見つけにくかった。

オオヨシキリ初認。

途中、シギを追ってハヤブサが2羽目の前に現れた。結局、狩りは失敗したようだ。大きさが違っているので、オスメスのペアのようだ。

続きを読む "稲敷方面をパトロール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧