2022/05/21

やはり里山散歩

20220521_1

今日は二十四節気の「小満」、七十二候の「蚕起きて桑を食う」、「小学校開校の日」、「リンドバーグ翼の日」。

昨日の航路での海鳥観察で立ち通しだったので、いつもと違う足の使い方をしたので両足の太ももが痛くなっていたけれど、恒例の里山散歩にでかけた。

図鑑でしっかり勉強してきた小学2年生がきて、質問攻めになったけれど、初めてフィールドにでてくれたのが嬉しい。

本物に触れることで知識が確認することを覚えてほしいものだ。

途中雨が降ったけれど雑木林の中を通っている間に止んだので、あまり濡れずに済んだ。

冬の間ヨコヅナサシガメの幼虫が集団で越冬していたエノキに立派な成虫がいて、ダンゴムシの体液を吸っていた。

続きを読む "やはり里山散歩"

| | コメント (0)

2022/05/14

雨の里山散歩

20220514_1

今日は「種痘の日」、「温度計の日」。

先週、里山散歩ができなかったので、雨だったので、長靴を履いて傘をさして里山散歩にでかけた。

夜間の風雨がなかったように、初夏の里山はしっとりと濡れていい気分。

地元の農家が耕作していた水田が今年から休耕になりそうで、カズノコソウが繁茂している。

この里山周辺の水田は後継者がほとんど居なくなってきていて、耕作放棄がはじまって、太陽光発電のパネルが並び始めることが心配になってきた。

昨年までザリガニに食べられて何も生えていなかった池を見るとヒシの葉が広がり始めていた。

続きを読む "雨の里山散歩"

| | コメント (0)

2022/05/09

梅の木の新芽にアブラムシ

20220509_1

今日は「アイスクリームの日」、「黒板の日」。

子供の頃からアイスクリーム好きなのだけれど、最近食べると直ぐに無くなってしまうアイスクリームの儚さが悲しくなってきた。

坪庭に植えた梅の木の新芽にアブラムシが大発生。

見つけると潰しているのだけれど、援軍のナミテントウが集まってきてくれていて、今朝は卵を産みにペアがきていた。

やっぱり卵を産むメスが大きく、オスが小さい。

ナミテントウは、模様が多様で、無紋から多紋型まであって不思議だ。

続きを読む "梅の木の新芽にアブラムシ"

| | コメント (0)

2022/04/30

緑増す里山散歩

20220430_1

十二候の「牡丹花咲く」、「図書館記念日」。

昨日の雨が無かったように晴れた。

気温は平年並みのようで、風もあって肌寒かった。

いつもの里山は一段と緑が濃くなっていて、繁殖期に入った気配がいっぱいだった。

池のカモは、わずかに渡りの途中の群れが翼を休めている程度になっていた。

池の奥にカイツブリの浮巣ができていた。今年も上手く繁殖を成功させてほしいものだ。

キビタキの鳴き声が聞こえていたけれど、姿は見えない。ツツドリの声が聞こえた。

サシバが鳴きながら何度も姿を見せてくれた。

続きを読む "緑増す里山散歩"

| | コメント (0)

2022/04/23

緑が濃くなった里山散歩

20220423_1

先週色々な色の若葉で山が笑っていたけれど、今日は葉が育って緑が濃くなっていた。

午後から水戸で打ち合わせがあるので、池の先の湿地までのショートコースで戻ってきた。

日一日と季節が進み、生き物の数が増えてきているのが目に見えるようになってきた。

池のカモはさらに減ってきているが、種ごとに数に増減があるので越冬した群れは居なくなり、渡りの途中で休んでいるのだろう。

池の奥のアシの中に鯉が生んだ卵を食べていたオオバンもそろそろ渡っていくのだろう。

今年もキビタキが立ち寄ってくれた。毎年同じ場所で鳴いている。

続きを読む "緑が濃くなった里山散歩"

| | コメント (0)

2022/04/22

キムネクマバチのオスに遊んでもらった

20220422_1

 今日は「アースデー」、「カーペンターズの日」、「清掃デー」、「よい夫婦の日」。

最高気温が27度の夏日。これから数日は夏日が続くようだ。

半袖が欲しくなったので、衣装ケースの中身を春夏物に入れ替えた。自由になってから、自分のことは自分でするのが基本にしている。

久しぶりにドロドロに汚れた車を洗車。

洗車していたら庭の草が気になったので、草刈り。

草刈りをしていたら、キムネクマバチのオスが縄張り飛行をしていたので、写真に撮ることにした。

キムネクマバチのオスは、飛ぶものには何でも反応して追っていって、ちっともホバリングしてくれないので、空を撮る失敗ばかり。

それでも何枚かなんとか見られる画像が撮れた。

続きを読む "キムネクマバチのオスに遊んでもらった"

| | コメント (0)

2022/04/17

菜の花が咲く川沿いの道を散歩

20220417_1

今日は旧暦3月17日の「満月」、「春の土用の入り」、「恐竜の日」、「職安記念日」、「少年保護デー」。

昼前にいつもの川沿いの道に散歩に行ってきた。

水田の一部では代掻きが始まっていた。この辺りの水田は自家米を生産しているので、田植え時期はまちまちで5月末まで五月雨に進んでいく。

川岸に菜の花が咲いて、独特の匂いがしていた。

モンシロチョウは周りを舞っていている。

川沿いの雑木林からカケスの群れが飛び出し反対側の林に移動。渡りの群れだろう。

続きを読む "菜の花が咲く川沿いの道を散歩"

| | コメント (0)

2022/04/16

山笑う里山散歩

20220416_1

今日は「国民年金法公布記念日」、「大志を抱く日」、「女子マラソンの日」。

朝は小雨が降っていたけれど、どんどん天気が回復して青空が見えて、気持ちの良い春の一日になった。

里山は色々な葉の色の木々が芽吹き、キラキラ光っているようだった。

里山の雑木林は長い期間放置されているので、木々が日差しを求めて高くなっているので、ヤマザクラも樹冠で咲いているので、どこで咲いているか分からないけれど、ヤマザクラの花びらが舞っていた。

池のカモはごくわずか渡りの途中のハシビロガモやコガモなど7種が見られた。

続きを読む "山笑う里山散歩"

| | コメント (0)

2022/04/10

今年初の夏日に散歩

20220410_1

今日は七十二候の「雁水へ帰る」、「女性の日」、「瀬戸大橋開通記念日」、「婦人参政記念日」。

朝から20度を超えて午後には最高気温が26.5度と今年始めて夏日になった。

腰のリハビリを兼ねて近くの川まで散歩にでかけた。

気温が高いので生き物が元気に見える。

川岸に生えているアブラナ科の黄色い花の間をモンシロチョウが飛び回っていた。

続きを読む "今年初の夏日に散歩"

| | コメント (0)

2022/04/09

春爛漫の里山を散歩

20220409_1

今日は「大仏の日」、「左官の日」、「美術展の日」。

天気がよく、気温が高くなる予報で、春爛漫の里山散歩にでかけた。

谷津はシュレーゲルアカガエルの声に溢れていた。木々の新芽が芽吹き始めた雑木林の所々に山桜の花が見えた。

雑木林の中はサクラ、スミレなどの多くの草木の花が咲いていた。

サシバが二羽頭の上を通り過ぎていった。今年も戻ってきて、繁殖してくれるだろうか。

池のカモは随分少なくなっていて、渡りの途中の中継で休んでいるようだ。

続きを読む "春爛漫の里山を散歩"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧