2017/03/29

稀勢の里のちゃんこラーメン

170329_1

今日は「八百屋お七の日」、「マリモの日」。

稀勢の里の優勝を記念して、縁起物の田子の浦部屋監修の醤油ちゃんこラーメンと塩ちゃんこラーメン。相当売れているらしい。

土曜日の夜から八丈島航路に乗る予定で船の予約を取って安心。同行が三人になったので、目が増えて嬉しい。

夕方、まごぎつねを連れて回転寿司にいっているときにぞくぞくと寒気がしてのだが痛くなってきたので、早めに就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/26

稀勢の里が連続優勝した

170326_1

雨の一日。疲れていたので、ゆっくり起きて休養日。

きたきつね家は、去年の九月場所から突然相撲中継を見るようになってしまっている。今日は、一三日目にケガをして2連敗した稀勢の里が、千秋楽にケガを押して本割で照ノ富士を倒し、決定戦でも小手投げで照ノ富士を下し逆転で連続優勝を決めたので、大盛り上がり。

無理をしてケガを悪化させなければいいのだけれど、五月場所までに完治して欲しい。

日中は、貯まっていたビデオを見ることにして、いつもの様に1.3倍速、CFスキップで見終わった。

23日金曜日放送のNHKドキュメンタリー「阿修羅 1300年の新事実」は面白かったけれど、物理的な考証はある程度正しいとして、その他のことは「ではないか」のレベルを越えることは難しい。

続きを読む "稀勢の里が連続優勝した"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/02

雨模様の一日

170302_1

今日は「中国残留孤児の日」、「遠山の金さんの日」。

春の七草のナズナ。

元ザ・スパイダースのメンバーでミュージシャンのムッシュかまやつが膵臓がんで亡くなった。78歳。合掌。

雨模様の一日なので、もちろん雨読。外に出たのは、税務署に確定申告書を送るために郵便局にでかけただけ。

360円のレターパックライトを使うと、簡易書留で送るよりも安くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/28

150キロ走って美術館をはしご

170228_1

今日は七十二候の「草木萌え動く」、「バカヤローの日」、「ビスケットの日」。

茨城県立近代美術館で開催中の「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」を見に、水戸まで行ってきた。

開場前に到着して一番に並んでチケットを購入して早速会場に。奈良の唐招提寺に行った時に御影堂は見学できなかったので、近場で見ることができて幸いだった。

約80メートルにもなる障壁画に圧倒された。東山魁夷先生のファンとしては、ゆっくり二周して見ることができて眼福だった。会場を出てみるとチケット売り場には長蛇の列で、グッドタイミングだったようだ。

続きを読む "150キロ走って美術館をはしご"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/17

春一番が

170217_1

今日は「祈年祭」、「天使の囁きの日」、「雪の特異日」。

10時過ぎから強い南風が吹き始めた。どんどん強くなって電線が鳴るほどだった。気温も上昇して春一番となった。

こんな日は出かけずにお留守番が一番だろう。

作曲家の船村徹さんが亡くなった。84歳。合掌。きたきつねは「王将」、「矢切の渡し」、「兄弟船」など主な演歌は歌えると思う。

続きを読む "春一番が"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/12

ちょっとだけ里山散歩

170212_1

今日は「ペニシリンの日」、「パンの日」。

漫画家の谷口ジローさんが亡くなった。69歳。合掌。絵が上手いひとだった。ビッグコミックの「人びとシリーズ『けやきのき』」、「父の暦」、「神の犬 ブランカII」、「遥かな町へ」、「捜索者」、「欅の木」、ビッグコミックオリジナルの「千年の翼 百年の夢」、ビッグコミックオリジナル増刊の「Benkei in N.Y」、「冬の動物園」と全てリアルタイムで読んでいる。

残念なことに代表作とされる『坊っちゃん』の時代」や「孤独のグルメ」はリアルタイムで読んだことはない。

午後からNPOの打ち合わせ。開始まで1時間ほど里山散歩。コンパクト双眼鏡とコンデジしか持っていかなかったし、時間が、短かったので消化不良だった。

続きを読む "ちょっとだけ里山散歩"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/04

北茨城市でプチ観光旅行

161004_1

今日は「里親デー」、「探し物の日」、「宇宙開発記念日」。

北茨城市の野口雨情生家・資料館で雨情生誕135年を記念して10月1日から始まった「知神けい子創作人形―童謡の世界」をかみさんが見たいというの朝から出かけた。

出る前に北茨城市の観光協会のHPで定休日を確認したところ「無休」とあったので、安心してでかけた。ところが野口雨情生家・資料館にいってみると、入り口に「本日はお休みします」という札が下がっていて休館だった。専用の札があるので日常的に臨時休館があるようだ。

野口雨情生家・資料館は独自のHPがないので、臨時休館を確認できないということで、がっかりしてしまった。

続きを読む "北茨城市でプチ観光旅行"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/27

教文館ビルで藤城清治影絵展

160927_32

上野から銀座線で銀座に向かい銀座4丁目の教文館ビルで開催中の藤城清治影絵展「光と影は幸せをよぶ」へ。

影絵といえば藤城清治で、子供の頃から映像や本で見ていたが、オリジナルを見るのは初めてだ。全92点の作品がそれほど広くない会場に詰め込まれていて、それだけで圧巻だった。

会場内はストロボを使わなければ撮影可能となっていたが、スマホのシャッター音が酷かった。きたきつねのデジカメとスマホはストロボと音は切ってあるので、問題なし。

入り口に、8月20日にNHKドキュメンタリーの「NEXT 未来のために『光と影で描く 戦争の記憶』」で92歳の藤城さんの制作過程を克明に追った作品が展示されていた。

海軍予備学生として特別攻撃隊で亡くなった仲間を追悼し、平和を祈る作品ということだ。

続きを読む "教文館ビルで藤城清治影絵展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/20

情景師アラーキー「作る!超リアルなジオラマ」

数年前に深夜番組の「タモリ倶楽部」で情景師アラーキーさんのジオラマを見た時にあまりの精巧さに驚いたが、その秘密を紹介した本「作る! 超リアルなジオラマ: 材料探しから作品発信まで完全マスター」があったので買ってみた。

情景師アラーキーさんの作品はブログで見ることができるけれど、この本はそのジオラマの作り方を細かく紹介していて、工作好き、ミニチュア好きのきたきつねにはたまらない。

1/24から1/64の縮尺の小さなジオラマに実物と間違うばかりの建物や自動車、船などを再現するテクニックやそれに使う道具類を丁寧に説明してくれていて、非常に参考になる。

材料は意外に身近なものを使っていて、作ってみたくなった。

続きを読む "情景師アラーキー「作る!超リアルなジオラマ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/10

クラブのOB会で修善寺に

160910_5

今日は「二百二十日」、「下水道の日」、「知的障害者愛護デー」。

修善寺で学生時代のクラブのOB会があるので出かけた。集合時間が遅いので、途中下車して大磯で照ヶ崎海岸でアオバトを見ることにした。

四十年以上前、平塚に三年暮らしていたのだけれど、その頃は鳥を見ていなかったので照ヶ崎海岸のアオバトのことは知らなかった。

駅から海の方に進んで海岸堤防から見ると、海岸に既にカメラマンが四、五人三脚を立てていた。堤防を越えて海岸でアオバトが来るのを待っていると20羽ほどの群れが何度かやってきて岩礁に降りて海水を飲んでいた。

続きを読む "クラブのOB会で修善寺に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧