2024/04/30

池内 了:江戸の好奇心 花ひらく「科学」

20240430_2

きたきつねが好きなジャンルの本で、「江戸の好奇心 花ひらく『科学』」というタイトルのジャケ買いしてしまった。

江戸時代は、暇な武士だけでなく、庶民までが色々な科学を楽しんでいたけれど、あくまでも趣味の域を出ずに、技術として何か実用化すること目的にしていなかったというのが興味深い。

関孝和の和算、平賀源内の本草学からの博物学、田中久重(からくり儀右衛門)のからくりなどの有名人だけでなく、大名から庶民まで朝顔や菊などの園芸品種の改良やネズミや金魚の品種改良、自在金物など色々なものに好奇心一杯で取り組んできていたことを取り上げている。

江戸の寺子屋による読み書き算盤の教育の背景もあっただろうけれど、それ以上に高度な科学に庶民が取り組むことができるくらい自由な精神があったのだろう。

江戸時代の知への好奇心と知の集積があったからこそ、明治維新後の海外からの知識や技術の吸収・応用、戦後の技術立国にもつながってきたのだろうと思う。

茨城県でも土浦で傘式の地球儀を作成した沼尻墨僊やつくば市谷田部で五角堂や和時計を作った飯塚伊賀七などのように各地に好奇心いっぱいで科学を楽しんでいた人々がいたはずだ。

日本人のもつ好奇心は、江戸以前にも縄文式土器、巨大古墳、戦国時代の鉄砲生産でも発揮されていたのではと思ってしまう。

| | コメント (0)

2024/04/24

矢部 太郎:プレゼントでできている

20240424_5 「プレゼントでできている」は矢部太郎の3年ぶりのコミックエッセイで、週刊新潮に2023年1月から6月まで連載された「プレゼントと僕」をコミックスにしたものだ。

前作の「大家さんと僕」、「大家さんと僕 これから」などとと同じように、下手なのか上手いのか分からないほんわかとしたキャラクターがまったく疑うことなく暮らし、仕事をし、何かをもらうことがが描かれている。

色々なものや言葉をもらう主人公は、なにかをもらうことは、きっと、何かをあげることにつながっていくことだと思うったのだろう。

心が汚くなってしまったきたきつねはもう過去に後戻りできないけれど、作者から何かをもらったので、どこかで何かを誰かにあげようと思う。

| | コメント (0)

2024/04/17

内田正男:暦のはなし十二ヶ月 第三版

Koyomi_12 きたきつねは暦に興味があって、特に昔の出来事や伝統行事の季節感は新暦では違和感があって、旧暦が良いと思っている。

暦について分かりやすい本を探していたら、ちょっと古い本だけれど内田正男さんの「暦のはなし十二ヶ月 第三版」を見つけた。

暦の歴史から、新暦、旧暦、二十四節気、七十二候などの説明、歴史的な出来事や短歌や俳句の季節感、日本や太陽暦での毎月の名前や日数、大安や仏滅が意外と新しく使われるようになっているけれど根拠がないことなど、非常に分かりやすく書かれていて、読んで良かった。

| | コメント (0)

2024/03/22

坂上暁仁:神田ごくら町職人ばなし(一)

20240322_2 きたきつねは昔職人に憧れていて、成れなかったけれど職人の話は好きで、本やテレビにモノづくりが扱われていると見てしまう。

漫画「神田ごくら町職人ばなし」は雑誌連載は知らなかったけれど、ひょんなことから見つけて入手した。人気で増刷が続いているようだ。

江戸の町を舞台に桶職人、刀鍛冶、紺屋、畳刺し、左官の五つの仕事を扱っていて、黙々と手を動かしものを作る職人の姿を描いている。

畳刺し以外は全て女性の職人が主人公という、江戸時代を背景とすればちょっと珍しいのかなという印象があるけれど、仕事への向き合う真摯な姿勢が描かれている。

ストーリーは見どころがしっかりあるのはもちろん、それ以上に職人の扱うそれぞれの仕事のプロセスがきちんと描かれているのも嬉しい。

職人を扱った漫画としては三十年近く前に村野守美「職人尽百景」三巻があるけれど、「神田ごくら町職人ばなし」劇画調の職人の厳しさを表現しているが、こちらはコミック風で人情話になっている。

続きを読む "坂上暁仁:神田ごくら町職人ばなし(一)"

| | コメント (0)

2024/03/20

鵜飼秀徳:絶滅する「墓」 日本の知られざる弔い

20240320_2絶滅する『墓』 日本の知られざる弔い」を最近の墓じまいや墓マンションの話かと思いタイトルで買ってしまったけれど、読み始めてしまってから日本の葬送と墓の歴史の話ということが分かったという面目無いことになった。

以前も鈴木理生の「江戸の町は骨だらけ」や歴史民俗博物館の葬送の展示などについて記事を書いていて、葬儀やお墓に興味がないわけでないので、興味深く読了した。

著者は京都の嵯峨嵐山にあるお寺の住職で、お墓に興味を持ち葬送とお墓の歴史と日本各地のお墓について調べた成果をまとめている。

これから多死の時代を迎えるだろうから、旧来の埋葬をどこまで続けることができるか、故郷を遠く離れてしまい実家の扱い、散骨・樹木葬といった多様な埋葬方法など話題は多い。

知っていることも多かったけれど、葬送とお墓について分かりやすく整理されていて、寺の年平均葬儀数は檀家の6%位ということや、魂と肉体を分けて埋葬する「両墓制」が近年崩壊しつつあるとか、庶民が墓を使うようになったのは江戸時代からとか、土葬がムスリムの増加で近年増加しているといった色々と面白い情報を知ることができた。

土葬について、西日本が多いように書かれているけれど、東日本でもまだ行われていることが抜けている。

続きを読む "鵜飼秀徳:絶滅する「墓」 日本の知られざる弔い"

| | コメント (0)

2024/03/17

早良 朋:へんなものみっけ! 10

20240317_5 地方都市なのにハイレベルな学芸員と展示施設を擁する「かなで山博物館」を舞台に博物館のかかえる問題やいろいろなトピックスを題材にしたコミックスで、小学館の月刊スピリッツに連載中だ

「へんなものみっけ! 10」は、春にスズメバチの女王が1匹で巣を作り、子育てをして大きな群れにする話、ワニの標本を通して博物館の展示についての話、新種のツクバハコネサンショウウオの発見の話、植物フェスの話、博物館コラボフィギュア作りの話とトピックスを取り上げている。

ハコネサンショウウオを発見者の新種発見のチャンスについて「なんでも良く見て『自分の”違和感”を信じる』。」というセリフが良かった。

もなんでも沢山良く見ていれば「違和感」を感じるときがあるもので、それが発見につながったり、事故を未然に防いだりできる秘訣なのだろう。

フィギュア好きのきたきつねは、海洋堂をモデルにした海鳴堂に博物館コラボフィギュアを作ってもらう話で、懐かしいチョコエッグの話題や造型師の話が気に入った。

| | コメント (0)

2024/03/15

大人の遠足BOOKプラス「はじめての野鳥観察 」

20240315_12 JTBパブリッシングから1月24日に「はじめての野鳥観察 (大人の遠足BOOKプラス) 」が発行になった。

野鳥図鑑と野鳥観察の基礎知識、探鳥地ガイドを盛り込んでいてコンパクトだけれど野鳥観察初心者に分かりやすい内容になっていいる。

野鳥図鑑は、日本野鳥の会の野鳥観察ハンディ図鑑「新・山野の鳥」、「新・水辺の鳥」の図版を描いた野鳥図鑑画家の谷口高司さんが200種を描かれていて、環境やエサなども分かりやすく紹介していて、美しく正確な内容となっている。

探鳥地ガイドは、JTBが監修しているということもあるのかアクセスし易い全国の有名探鳥地55カ所を紹介していて、見る可能性のある鳥の記載もあって、初めて訪れても収穫があるだろう。

特別編として初心者にはちょっとハードルが高い大洗~苫小牧航路の野鳥観察についても紹介されている。

バードウォッチングを始めたばかりのひとだけでなく、ちょっと背伸びをしてみたいというバードウォッチャーにも有益だろう。

| | コメント (0)

2024/03/14

アニメ「百姓貴族」

20240314_1 正月に帰省したこぎつねがこれ面白いよとおいていったのが「百姓貴族」DVDで、すぐに見たのだけれどブログに書かなければと思いながら、延び延びになってしまった。

きたきつねは一時農業問題について関心を持っていたので、DVDの内容以上のことを知っているけれど、折角こぎつねが持ってきたので見てみた。

「百姓貴族」は、「鋼の錬金術師」や「銀の匙」などで知られる漫画家の荒川弘さんが7年間、北海道の実家で農業に従事していた実体験をもとに日本の酪農や畑作農業の現実をコミカルに描いた月刊漫画雑誌に連載中エッセイ漫画をアニメ化したものだ。

さすがに農業現場にいたのでポイントを掴んでいて、北海道の酪農と畑作農業の実情が分かりやすく描いている。

アニメはTOKYO MX・BS朝日で放送されたもので、アニメ化第2期の制作が決定しているようだ。

DVDを買わなくてもYoutube TOKYO MXで無料で見ることができる。

このアニメとは関係ないのだけれど、酪農経験者といえば1月に発表された第170回直木賞受賞の河﨑秋子さんも酪農に従事し羊を飼育していた。

荒川さんは十勝地方の畑作酪農(畑酪)地帯の出身で、河﨑さんは根釧地方の草地酪農地帯の出身で、同じ酪農でも性格が違っていて作品にその雰囲気が出ているのかなとふと思った。

生業が性格いつながるというのは、実際は関係ないのかもしれないけれど、きたきつねの思いつき。

河﨑さんは集英社の月刊誌「青春と読書」に直木賞受賞前の昨年の9月から「父が牛飼いになった理由(わけ)」を連載し始めていて、家族の足跡を歴史を綴っている。

| | コメント (0)

2024/02/22

はっけんずかんプラス 鳥

20240222_2今日Gakkenから発売になった「はっけんずかんプラス 鳥」をイラストを描かれたおおたぐろまりさんから著者贈呈してもらった。

Gakkenのはっけんずかんシリーズは、まどあけしかけといって図版が二重になっていて、表の図版がめくれるようになっていて、表の図版の疑問や説明を下の図版で謎解きをしたり更に細かなことがわかるようになっている面白い図鑑だ。

まどあけしかけの部分は全てイラストになっていて、日本野鳥の会の会長の上田恵介さんの監修ということだけでなく、よく鳥を観察している著者の日頃の成果がでている。

まどあけしかけの部分の開いたところの絵がズレが全く無くきれいに繋がっていて、印刷会社は大変だっただろう。

「はっけんずかんプラス 鳥」は、子ども用の図鑑だけれど、きたきつねが探鳥会などで鳥の話題に使っている話やバードウォッチングを始めたばかりのひとに伝えるといいなという話題が沢山盛り込まれていて、バードウォッチングの入門書としても良いだろう。

まごぎつねのひとりはこのずかんシリーズが好きで複数持っているということで、発売前にAmazonで予約して送っておいたので、電話してみると非常に喜んでいるとのことで、親も読んで楽しいといっていた。

20240222_3

| | コメント (0)

2023/12/16

とりのなんこ:とりぱん32

年2巻のルーチンになっている「とりぱん 32」を発売直後に購入していたのに、記事にしようと思うだけでひと月経ってしまった。

とりぱんを通して作者のとりのなんこさんを見ていると、自然の変化を単純に感じてきたものが、やはり色々な生き物や環境に関する名前を知ることで、見ている世界が広がってきているのが分かる。

ちょっと時間がかかっているけれど、自然を好きになる人の成長の過程が見えるようでこれも楽しい。

岩手はもう冬で雪が積もっていることだろう。

バードテーブルというよりもバードハウスでの給餌は始まったことだろう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧