2022/11/21

川幡穂高「気候変動と「日本人」20万年史」

20万年前にアフリカで誕生したホモ・サピエンスがアフリカを離れ日本に到達して現在に至ったのかを、古気候学、古環境学、分子人類学、考古学の最近の研究成果をもとに解明しようと試みている。

ホモ・サピエンスの移動と文明の変化は、大規模な火山噴火、隕石の落下などよる大きな気候の変動によってもたらされたという仮説は説得力がある。

大きな寒冷化などの極端な気候変動は、食料をベースとする社会の大きな変化を促すということだ。

現在の日本人に至る移動プロセスを分子人類学で示しているところも興味深い。今年のノーベル賞の生理・医学賞は4万年前の骨から遺伝子を抽出し、人類の歴史を解明する緒をつけたスウェーデンの科学者スバンテ・ペーボ博士が受賞したけれど、まさに本書の古代DNA研究の基礎となっていて本書も、この研究の成果がなければ書けなかったのではないだろうか。

それにしてもダイナミックな内容で読んでいて楽しかった。

現在問題となっている温暖化は、過去を振り返ってみると人類にとってプラスになると考えても良いような気がするけれど、以前の時代と人口や自然破壊の程度が全く違うので、逆に人類滅亡に繋がりそうで危機状態になって

最近読み始めて、読み始めなければ良かったと反省している三浦佑之の「出雲神話論」と比べると、科学的な証拠を積み重ねることのできない、記紀などの書物をベースにした研究の困難さを感ぜずにはいられないし、対象的だと思う。

文字のない時代の神話を記録した古事記や日本書紀の内容がどれほど正しいのか、記録されたものが時代を越えて書き写され伝わっているわけで、編纂した者によって恣意的に記述されていたり、その過程で改変されているかもしれないものを細かく読み解くことは本当にできるのだろうかと思ってしまう。

続きを読む "川幡穂高「気候変動と「日本人」20万年史」"

| | コメント (0)

2022/11/15

早良 朋:へんなものみっけ!8

月刊スピリッツに連載されている早良 朋の「へんなものみっけ!」のコミックスの8巻が発売された。

地方都市の奏山市立博物館を舞台に、博物館で働く人がいろいろな自然界のへんなものと出会う物語で、今回は水族館の展示とバックヤード、水中考古学の話題、桜の花をスズメが落とす話、科学と文学のつながりなどが掲載されている。

「へんなものみっけ!」は、色々なところに面白い現象や事実が転がっていることを教えてくれる楽しい漫画だ。

奏山市の博物館は、国立科学博物館、県立博物館を全て合わせたようなダイナミックで、幅広い調査研究、収集活動をしていてものすごいところで、こんな市立博物館があればいいのにと思ってしまう。

地方都市は博物館というより青少年科学センターが多く、活動も小中学校の学習支援のような感じでとどまっているような感じがしていて、日本の技術偏重で、知の探求を進める姿勢が足りないことと関係しているのだろう。

| | コメント (0)

2022/11/03

竹倉史人:土偶を読む 130年解かれなかった縄文神話の謎

20221103_3土偶を読む」を読み始めたら止まらなかなって、一気に読んでしまった。

最近、これほど面白いと思った本はなかったような気がする

世界最古の土器を生み出し、3万年近く続いた縄文時代に非常にロマンを感じるので、博物館や資料館で土器や土偶を見ている。

縄文式土器も色々な形があって火焔式土器などはどうしてあのような形になったのか不思議だけれど、土偶の造形も気になっていた。

土偶は、妊娠した女性で安産を祈って作られたのではないかと考えられているけれど、縄文時代でも人をモデルにするのであれば、あのような不思議な形ではなくもっと人らしい形になるのではないかと思っていた。

著者は、全く違う視点から土偶を見ることで、これまでと全く違う土偶のモデルを解明していっている。

土偶は、各時代区分や地域で主要な食料の精霊をモデルにして、豊作や豊漁を祈るためのフィギュアだったのではないかということで、縄文人の脳になってハート型、遮光式といった形式の土偶のモデルを解明していっている。

続きを読む "竹倉史人:土偶を読む 130年解かれなかった縄文神話の謎"

| | コメント (0)

2022/10/08

「鳥博士と天才カラス」の原画展

20221008_15

5月末に紹介した樋口広芳作、おおたぐろまり絵の「鳥博士と天才カラス」の原画展が、つくば市の「えほんや なずな」で始まったので見に行ってきた。

今日は絵を書かれたおおたぐろまりさんが書店に来ていたので、話ができた。

昨夜はYoutubeのえほんやなずなチャンネルで絵本の題材になった天才カラスが水栓を開けて水を飲むビデオとおおたぐろさんと編集者の高野さんが絵本制作の裏話やカラスの生態映像や画像を紹介する「天才カラスを探せ!」を視聴していたので、原画を見る印象が違った。

印刷した絵本よりもやはり原画のほうが美しい。色や細かな描き込みは印刷で再現するのはなかなか難しいようだ。

原画だけでなく、書店のスタッフさんともお話ができたし、絵本の「押し読み」を体験したり、友達の友達だったりとつながりがあったりと楽しかった。

「押し読み」というのは、買う前に絵本をスタッフさんが読み聞かせをしてもらえるという大サービスのことだった。

もちろん「鳥博士と天才カラス」は「えほんや なずな」で買うことができる。

帰りに、おおたぐろさんからすごいプレゼントをもらうことができたので、でかけてとってもよかった!

| | コメント (0)

2022/09/16

山本健人:すばらしい人体 あなたの体をめぐる知的冒険

自分の体を含めある程度の知識は持っていっるつもりだけれど、やはりきちんと体全般や医療のことを正しく知りたいと思っていたので、書評を読んでいてこれは読まなくてはということで読むことにした

山本健人医師は外科専門医、消化器病専門医、消化器外科専門医などで、基本的な体に関する知識や医学や治療に関する知識、薬の作用、健康の常識などを非常にわかりやすく説明してくれている。

医学の世界も日進月歩で知見は日々新しくなっていて、ちょっと前まで正しいといわれていたことも現在では否定されていたりしていることがあって、「傷の消毒はしない」といった意外と知らないことが多かった。

現在パンデミックの最中のCOVID-19などを始め多くの感染症の原因について分かってきたのがわずか200年くらいで、現在では完治する感染症の治療ができるようになったのもまだそれほど時間が経っていないということも分かる。

日本人は癌による死亡が高いのは、医学の進展により寿命が長くなったために癌になる人が増えたということは確かだと思う。認知症も同じかな。

一番興味を持ったのは、おならと便を識別する肛門のことだ。BS-NHKの「ヒューマニエンス」を見ていると体の部分もただの反射ではなく考えているように思えてくるのが不思議だ。

著者が、今ある手持ちの材料で理にかなった説明ができたとしても「暫定的な正解」にすぎないという締めくくりが、何事についてもいちばん大切な言葉のようだ。

| | コメント (0)

2022/08/26

とりのなんこ:とりぱん30

とりぱんの最新号が発売された。

30巻達成記念に切手シート風ポストカードが付録だった。

週刊モーニングに連載されてから17年、初期の頃はコミックスになるのは雑誌掲載の一部だったけれど、途中から掲載された作品が全て収録されている。

里山散歩をしていると、諸行無常で自然は毎年同じようだけれど、同じではないことがわかるから、新刊が出るたびに途切れず買って読んでいても、面白い。

毎回書いているけれど、読者の興味を引くために仕方がないのだろうけれど野生動物の擬人化の度合いがちょっとだけ気になる。

次号は来年春らしいから楽しみにしておこう。

| | コメント (0)

2022/06/19

小林武彦「生物はなぜ死ぬのか」 (講談社現代新書)

人生の終末が近づいてきているので、真面目に死について考えているので、タイトルを見て面白そうだなと思って読んでみた。

生物学的に生物の生命の起源、絶滅と多様性、生物の死に方、ヒトの寿命と死に方、生物はなぜ死ぬのかとういうことに付いて説明する内容で、わかり易く描かれているけれど、DNA、RNAなどある程度生物学の知識がないと難しく感じるかもしれない。

結局、生物が多様性を維持して進化していくには壊れないと次ができないという「ターンオーバー」が必要だから死ぬということになるようだ。

読み終わって、生物学的な死だけで、ヒトの死は理解できないことがよく分かった。

生物学的な生命と死について一度は知っておくには良い本だと思う。

| | コメント (0)

2022/05/29

樋口広芳作、おおたぐろまり絵の「鳥博士と天才カラス」

家に帰ると文一総合出版の最新刊の「鳥博士と天才カラス」が届いていた。

樋口先生が、公園の水飲み場の水栓を嘴で開るハシボソガラスとの出会いと行動観察する過程をみせる絵本だ。

単に頭の良い天才カラスがいたということではなく、生物研究の方法をわかり易く解説する絵解きの教科書なのかもしれない。

絵も子供向けだからといってディフォルメした童画風ではなく、きちんと本物のハシボソガラスが描かれている。

小学校低学年の時に、興味あることをもっと知りたいと思って先生に教えてほしいと思っても、さらっと流されて非常に不満に思っていた。

子供向けだからと幼稚な扱いではなく、きちんとした方法を知りたがっているので、このような本が子供の時にあればと思ってしまう。

アリとダンゴムシが大好きなまごぎつねが興味を持ちそうだ。

カラスがクルミを車に轢かせて割る、線路に置き石をする、ひとを使って鳥の巣の場所を見つける、墓地から火の着いたロウソクを持っていって火事を起こす、カラスは貝をコンクリートの道に落として割る、鉄棒をつかってブランコをする、すべり台で滑って遊ぶといった面白い行動をすることが知られていて、好奇心が強く頭が良い鳥できたきつねも興味がある。

| | コメント (0)

2022/05/28

早良朋「へんなもんみっけ!7」

色々と忙しくて、読もうと思っている本の発売日を忘れてしまうことが続いている。

iPhoneのメモ帳に読みたい本リストに書いてあるのに、見るのを忘れるのだからこまったものだ。

「へんなもんみっけ!7」も1月に発売されていたのに、今頃になって気がついて注文するというていたらく。

幸い楽天のポイントが溜まっていたので送料も含めて無料だった。

漫画もコンスタントに面白い話を展開できることばかりではないのだけれど、今号は良い内容ばかりだった。

世界には分かっているようだけれど、本当は知らないことが多いことを説明した巻頭の話が非常に良かった。

主人公が務めている市営の博物館は、すごい学芸員と施設のようで、本当にあれば行ってみたい。

 

| | コメント (0)

2021/12/26

とりのなん子:とりぱん29

地方都市での四季折々の生活と自然をテーマにしたコミックのとりぱんも29巻にもなった。

鳥の話しだとつい買ってしまうけれど、毎回楽しく読むことになっている。

四季は巡って自然は同じようだけれど、毎年違っているし、それを見る作者も変わって来ているので種は尽きないだろう。

経験値があがってきて、非常に細かなことにも気がつくようになってきているのは嬉しい。

ただ、16年以上も鳥を見ているのに、ディフォルメをするにしても特徴を分かるようにできるはずなのに気になるところが時々あるのは残念だった。

続きを読む "とりのなん子:とりぱん29"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧