2024/02/12

土浦市宍塚の歴史探訪

20240212_1

今日は「振替休日」、「ペニシリンの日」、「ボブスレーの日」、「パンの日」。

認定NPO法人宍塚の自然と歴史の会の「歴史探訪」に行ってきた。

普段は行かない場所が多いみたいなので、興味津々だった。

見どころ満載だったけれど、4時間強ほぼ休憩もなく11,200歩という強行軍で、足が攣りそうになってしまった。

平坦な場所ばかりではなく上り下りも結構あり、間欠跛行のある老人にはちょっときつかった。

旧石器時代から人が住んでいた場所で、遺跡や色々な時代の特徴的な場所やものがあった。

稲荷神社は昔は集落だけでなく、農家ごとにも祀られていたようで、最近は少なくなっているらしい。

続きを読む "土浦市宍塚の歴史探訪"

| | コメント (0)

2024/02/01

博物館でバードウォッチング

足は痛いのだけれど久しぶりの東京国立博物館なので、1階だけバードウォッチングすることにした。

博物館の展示品の中には花鳥風月が表現されていて、色々な鳥が見つかる。中には正体不明なものもあるけれど、意外と識別できる鳥も見つかるものだ。

江戸時代の「初音蒔絵源氏箪笥」にウグイス

20240201_8

鎌倉時代の「千鳥蒔絵手箱」にハマシギ

20240201_9

続きを読む "博物館でバードウォッチング"

| | コメント (0)

国立科学博物館の特別展「和食」

20240201_1

今日は「重ね正月」、「二月礼者」、「テレビ放送記念日」。

あっという間に1月が終わり2月になってしまった。

南西から温かい風が吹き込んで気温が上昇して4月上旬の陽気となった。

見に行きたいと思っていたがなかなかタイミングが合わずに行けていなかった国立科学博物館で開催中の特別展「和食」にようやく行くことができた。

常磐線に乗るのは去年の11月、上野駅に降りるのは7月以来だった。国立科学博物館と東京国立博物館を見てから秋葉原にいってジャンク通りや秋月電子などを回って来ようと思っていたけれど、科博の特別展で間欠跛行がでてしまい、だましだまし東博でポイントを回っただけでギブアップで帰ってきた。

ユネスコの無形文化遺産に登録された「和食」を食材、和食の成り立ちの歴史、多様な和食、和食の調理道具、個人にとっての和食、和食の未来で構成されていて、和食を多角的な視点から見せるという内容だった。

食というのは、土地の自然環境と利用できる食材などを食べるために工夫を加えることで出来上がって来たということがよく分かる展示となっている。

最初に日本の水が軟水で、海外に多い硬水と違い、色々なものが溶け出しやすいことから出汁の文化が生まれたことが原点にあることがわかる。

続きを読む "国立科学博物館の特別展「和食」"

| | コメント (0)

2024/01/21

ドラマティックコンサート~愛と別れのうた~

20240121_1

今日は「初大師」、「料理番組の日」、「薩長同盟成立の日」、「マーチン・ルーサー・キング記念日」。

久しぶりに40mmを超える雨量の雨の一日。

家人が突然、龍ケ崎市の大昭ホール龍ケ崎で午後にあるコンサート「ドラマティックコンサート~愛と別れのうた~」を聞きに行きたいといいだした。ホールに確認すると当日券が十分あるとうことで、行くことになった。

ホールの窓口で安い二階席を頼もうとしたら、S席の前の方の真ん中の席が開いているというので変更。普通は無いはずだけれど、別の販売所で売れ残って戻ってきたらしい。

大昭ホール龍ケ崎は、1,200席の大きいホールで、小中高のブラスバンドのコンテストでよく使われていて、龍ケ崎市文化会館がネームライツで今の名前になったようだ。

出演者は、ショッピングモールの歌姫の半崎美子さん、元祖泣き歌の女王の澤田知可子さん、シャンソンのクミコさんの3名でちょっと不思議な組み合わせだった。

お客さんはきたきつね達と同じような高齢者が多いようだった。

2時間超のコンサートは、三部構成でそれぞれの歌手が持ち歌を熱唱して、やはり生の歌は良かった。

続きを読む "ドラマティックコンサート~愛と別れのうた~"

| | コメント (0)

2023/11/19

うしく現代美術展

20231119_1

今日は「農業協同組合法公布記念日」、「緑のおばさんの日」、「鉄道電化の日」。

最高気温が20℃と小春日和になった。

家人を市の生涯学習センターの音楽会に送っていったので、今日から同所で始まった「うしく現代美術展」を見てきた。

今年で28回になるということで、きたきつねは初めてだった。

県南で活動している58名の平面、立体、クラフト、映像の多様な作品が展示されていて、非常に刺激になった。

ナイト・イルミネーションやワーク・ショップもあるらしい。

ケーブルテレビの取材がきていた。

20231119_2

続きを読む "うしく現代美術展"

| | コメント (0)

2023/07/29

うしくかっぱ祭り再開

20230729_14

今日は「アマチュア無線の日」、「永くつながる生前整理の日」。

COVID-19のために中止になっていた四年ぶりにうしくかっぱ祭りが再開されて、まごぎつね達が河童ばやしを踊るというのが見に出かけた。

駅から無料の臨時バスがでていたので利用した。

会場につくと久しぶりのお祭りだったためかものすごい人出で、さらに狭い歩道に出店が並んでいたのに加え、ベビーカーも多くあるき辛いほどだった。

出店の香具師の人たちも長い間タカマチが立たずに商売ができなかったので一息ついたのではないだろうか。

子供の頃、神社の近所に住んでいて、小学校低学年はお稚児さんでお祭りには馬車に乗ったりしていたので、お祭り大好きなので祭ばやしが聞こえると嬉しくなるから、神社でなくてもお祭りは気分が高揚する。

河童ばやしの踊りは、股関節が悪くなる前は、何度か自治会のチームに入れてもらったけれど、今はそんな元気もない。

それでも踊りが始まると掛け声がでた。

途中盛り上がったところで、放送機器のトラブルで音が出なくなって、比較的長い時間中断してしまったのが残念だった。

続きを読む "うしくかっぱ祭り再開"

| | コメント (0)

2023/05/28

展覧会巡り

20230528_1

今日は「花火の日」、「国際アムネスティ記念日」。

今日までの展覧会があったので、東京にでかけた。

電車は平日の通勤時間帯ほどは混んでなかったけれど、混んでいて、外国人も多かった。

マスクの着用率は、95%位の印象で、先日三宅島へ行った時は平日の帰宅時間帯でマスクはほぼ100%だったから、遊びだと少しゆるくなっているのだろう。

欧米人はマスクをしていない人が多く、アジア系ひとはマスクをしている感じだ。

最初に行ったアホウドリの写真展は、日祝日が休みというのを確認せずに行って見ることはできなかった。

google mapを見て随分歩いて行ったのに残念だった。

有楽町駅に戻る時に東京フォーラムを通ったが、骨董市が開催されていた。

古い文房具もあったけれど、もうものは増やしたくないし、お金もないので、見るだけで通過した。

続きを読む "展覧会巡り"

| | コメント (0)

2023/02/07

市民ギャラリーで土浦市立博物館の移動展

20230207_13

そういえば土浦市立博物館が大改修工事中で来年1月まで休館していて、その代わり土浦駅の横の市民ギャラリーで移動展をしているのを思い出したので、帰り道なのでこちらも寄ってみた。

展示ギャラリー1では小学校校外学習のための参考展示「デザインとしてみる『むかしの道具』」、展示ギャラリー2は土浦市立博物館とはたおりの会、綿の実の共催展示「時代を紡ぐーはたおり伝承活動30年」が開催されていた。

昔の道具は、各地の民俗資料館などで良く展示されている古い道具類の展示で、今の小学生にとって昭和の時代に使われたものは明治時代か江戸時代のものという感じがするのだろう。

続きを読む "市民ギャラリーで土浦市立博物館の移動展"

| | コメント (0)

石岡市立ふるさと歴史館の企画展「底だけ展」

20230207_9

今朝の朝日新聞の茨城面に石岡市立ふるさと歴史館の新しい学芸員が石岡市内の縄文遺跡の出土の土器の底をシリコンで型を取って、圧痕を分析した結果をみせる企画展「底だけ展」を開催しているというので寄り道して見てきた。

土器の底を見る機会はないし、底に残された圧痕については、ゴミや植物種子や虫などだと思っていたから、植物を編んだ敷物の跡があって、それらの編み方がわかるというのは新鮮だった。

会場が狭いので展示物が限られているけれど、実物、圧痕のシリコン型、敷物の編み方の実物を比較できるようになっていて理解しやすかった。

20230207_10

続きを読む "石岡市立ふるさと歴史館の企画展「底だけ展」"

| | コメント (0)

2022/12/10

乙戸沼公園でバードウォッチング

20221210_1

今日は「世界人権デー」、「三億円事件の日」、「ノーベル賞受賞式」。

土浦市の乙戸沼公園にバードウォッチングに行ってきた。

他の場所と同じ様に、冬鳥特に小鳥の飛来が少ないようで、なかなか見られなかった。

ツグミは数羽見られたが、全て木の上にいて、飛来したばかりのようだ。

沼のカモ類は、ヒドリガモが優先で4種しか見られなかった。今シーズンはカンムリカイツブリが多いようだ。

これから寒くなって、北の地方で雪が深くなって餌が摂りにくくなるとやってくることを期待したい。

先月、見られなかったバリケンが1羽いた。近くの公園からとんできたのかも知れないけれど、全体に数は減っているようだ。

続きを読む "乙戸沼公園でバードウォッチング"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧