2019/08/13

国立歴史民俗博物館「伝統の朝顔」と「もののけの夏」

20190813_1

今日は七十二候の「蜩鳴く」、「函館夜景の日」、「左利きの日」。

まごぎつねの好きな妖怪の特別展示があるというので、一緒に国立歴史民俗博物館に行くことにした。

朝早くでて10時前に着いたけれど、駐車場はほぼ満車だった。

せっかくなので、くらしの植物苑の恒例になっている「伝統の朝顔」展を花が咲いている早い時間に見ることにした。

「伝統の朝顔」展は今年で20年になるということだ。

このところできるだけ見るようにしているけれど、いつ見てもこれが朝顔?という多様な変異の品種があって楽しめる。

続きを読む "国立歴史民俗博物館「伝統の朝顔」と「もののけの夏」"

| | コメント (0)

2019/08/02

まごぎつねと東京散歩

20190802_1

今日は七十二候の「大雨時々降る」、「学制発布記念日」、「ホコ天記念日」、「パンツの日」。

夏休みになったので、早めの誕生日プレゼントでまごぎつねと東京散歩に行ってきた。

国立科学博物館で開催中の特別展「恐竜博2019」を見ることにして、オープン10分前に着いたけれど、すでに並んでいた。

チケット売り場が開くのを待っていたら出遅れるのが分かっていたので、前売り券を買っていたので、待ち行列に並ぶことができた。

NHKの「恐竜超世界2019」で予習していったけれど、まごぎつねは実物大リアル恐竜がいるかと思っていたらしく化石しか無いので戸惑ったみたいだった。

続きを読む "まごぎつねと東京散歩"

| | コメント (0)

2019/07/18

東京に出たついでに

20190718_1

今日は七十二候の「鷹技を習う」、「光化学スモッグの日」。

午後に秋葉原で文房具メーカーのイベントで、東京に出たついでに国立科学博物館と東京国立博物館をちょっと見てきた。

国立科学博物館で始まった特別展「恐竜博2019」はまごぎつねと行く予定なので、「植物画コンクール入選作品展」を見てきた。

8月には筑波実験植物園でも見ることができるのだけれど、本館の方が見やすいと思う。

植物画は年々レベルが上っている印象がする。

小学生の部の国立科学博物館長賞は小学2年生の作品で、まごぎつねの絵との落差に驚愕した。

続きを読む "東京に出たついでに"

| | コメント (0)

2019/07/10

東京国立博物館の特別展「三国志」

20190710_2

特別展「三国志」は後漢から三国時代の文物をと三国志をオーバラップさせて見せる展示で、「リアル三国志」がテーマらしい。

横山光輝さんの漫画「三国志」のオリジナル原稿やNHKの人形劇「三国志」に使われた人形美術家の川本喜八郎さんの作った人形が並んでいたりとこれまでの東京国立博物館の特別展とはちょっと違った展示内容となっていた。

それと、東博の特別展は写真撮影は禁止で、最近は撮影スポットを一ヶ所用意されるくらいだったけれど、今回は全て撮影可となっていて驚いた。

展示されている文物だけでは、虚構が満載の「三国志演義」の世界を取り込まないと、平成館の二階の二室を埋めるのは難しかったのかもしれない。

写真をたくさん撮ってきたけれど、実物を見てほしいので、面白そうなものだけを選んでみた。

続きを読む "東京国立博物館の特別展「三国志」"

| | コメント (0)

2019/05/31

雨引の里と彫刻 2019

20190531_1

今日は「世界禁煙デー」、「総理府設置記念日」、「郵政省設置記念日」。

久しぶりにかみさんと時間が取れたので行きたいと思っていた「雨引の里と彫刻 2019」を見に行ってきた。

4月から始まっていたけれど、なかなか行けずにいて、会期も終わりに近づいてきてしまった。

「雨引の里と彫刻」は1996年から約2年毎に開催されている彫刻展で旧大和村の里山や集落を展示場として開催されている彫刻展になる。

第一回目からポツリポツリと見に行っている。

今回は11回となり38人の作家の作品が里山と集落の中に展示されていて、観覧コースは約13キロだった。途中コースを間違えたりしながら駆け足で2時間半ほどかかった。

続きを読む "雨引の里と彫刻 2019"

| | コメント (0)

2019/05/08

歴史民俗博物館の先史・古代の展示

20190508_1

今日は「世界赤十字デー」、「童画の日」、「ゴーヤーの日」。

印旛沼のサンカノゴイの様子を見に行ったけれど、声ばかりで姿を出さなかった。仕方がないので、別の場所でフクロウでもと思ったところで、そういえば佐倉の歴史民俗博物館の先史・古代の展示が3月にリニューアルされたのにまだ見に行っていないことに気がついた。

行き先を変更して歴史民俗博物館に。

JAF会員の割引で団体料金の350円になった。3月に料金改定があったらしいけれど、団体料金は変わらなかったらしい。

先史・古代の展示の第一展示室の入り口に。以前の原始・古代の展示と入り口から随分雰囲気が変わっていた。

続きを読む "歴史民俗博物館の先史・古代の展示"

| | コメント (0)

2019/05/06

なつかし!昭和の学校

20190506_5

千葉県立中央博物館大利根分館の近くを通ったので寄ってみた。千葉の県立博物館は65歳以上無料なのはありがたい。茨城県は70歳から半額だ。

トピックス展「なつかし!昭和の学校」が開催中で今日までだった。

懐かしい学校で使っていた教材や器具などが展示されていた。

続きを読む "なつかし!昭和の学校"

| | コメント (0)

2019/05/04

葛飾北斎と谷口高司を観る

20190504_1

今日は「みどりの日」、「ラムネの日」。

久しぶりに遊びに来ていたこぎつねとまごぎつねが帰るというので、東京まで送りにいってき。

帰りにすみだ北斎美術館で開催中の企画展「北斎のなりわい大図鑑」の招待券を貰ったので行ってみることにした。

2016年に開館したことは知っていて一度行きたいと思っていたのがようやく実現した。妹島和世さんの設計の近代的な建物だった。

今回はJR東日本両国駅東口から歩いていってみた。都営地下鉄大江戸線「両国駅」の方が近いと思う。

展示会場にはエレベーターしかないのがちょっと変わっている。来館者が長蛇の列を作ることはないのだろう。

続きを読む "葛飾北斎と谷口高司を観る"

| | コメント (0)

2019/04/30

茨城県自然博物館で恐竜の企画展をみてきた

20190430_1

今日は「図書館記念日」。雨の一日。久しぶりにしっかりと降ったので、田植えに必要な農業用水がたっぷりと供給できたのではないだろうか。

まごぎつねを一日預かることになったので、坂東市の茨城県自然博物館で開催中の企画展「体験!発見!恐竜研究所 ようこそ未来の研究者」を見にいってきた。

大型連休中ということもあって10時頃に着いた時には博物館前の駐車場はほぼ満杯で、券売機に長蛇の列というこれまで体験したことのない混雑だった。

年パスと招待券を持っていたので、列に並ばなくてよかったので、スムーズに入場できた。館内も混んでいたけれど、歩けないほどではなかった。

続きを読む "茨城県自然博物館で恐竜の企画展をみてきた"

| | コメント (0)

2019/04/23

上野の博物館巡り

20190423_1

今日は「国際マルコーニデー」、「世界図書・著作権デー」、「こども読書の日」。

連休に入る前にということで、東京国立博物館と国立科学博物館に行ってきた。

東京国立博物館では特別展「国宝 東寺ー空海と仏教曼荼羅」と「親と子のギャラリー ツノのある動物」、第14室の特集「密教彫刻の世界」、第11室の特集「平成31年 新指定 国宝・重要文化財」を見てきた。

特別展「国宝 東寺ー空海と仏教曼荼羅」は、空海が中国から持ち込んだ当時のトレンディーな仏教の「真言密教」の世界を展開した世界を紹介する企画で、最大の見ものは東寺講堂に展開した立体曼荼羅で、21体の仏像の内、15体が展示されていた。

このような機会は非常に稀なことで、眼福だった。

続きを読む "上野の博物館巡り"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧