2017/04/20

東京国立博物館:特別展「茶の湯」

170420_18

東京国立博物館の年間フリーパスの特別展入場特典が一回分残っていたので、特別展「茶の湯」を見てきた。

高校の時一日だけ茶道部だったことがあるけれど、体質に合わないことが分かっただけだった。

だから、茶の湯とは縁がないので、国宝と重要文化財を見るということにした。

場内は明らかに茶道関係と分かる人が多そうで、和服を着た人も多かった。

展示品は確かに凄いものもあったけれど、時間が作り出した名品も多いような印象だった。

続きを読む "東京国立博物館:特別展「茶の湯」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国立科学博物館:大英自然史博物館展

170420_1

今日は二十四節気の「穀雨」、七十二候の「葭始めて生ず」、「郵政記念日」、「女子大の日」。

なかなか東京に出るタイミングがなかったので、思い切って国立科学博物館の特別展「大英自然史博物館展」と東京国立博物館の特別展「茶の湯」を見に行ってきた。

混雑しているのではないかと心配して科博には開場前に着いたのだけれど、やはり何時もとは違って列ができていた。といっても30人ほどで、混んでいるといっても東博の特別展の混雑とは桁がちがっている。

展示内容はダーウイン、スローン、オーエンなど著名な科学者とエピソードに出てくるモノが並んでいてもう感激してしまった。

続きを読む "国立科学博物館:大英自然史博物館展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/13

茨城自然博物館のリニューアルされた動く恐竜

今日茨城自然博物館に行った目的の一つは、今年の3月18日にリニューアルされた動く恐竜の展示を見ることだった。

テラノサウルスの親子とトリケラトプスの3体が新しくなっていた。テラノサウルスは、最新の情報で羽毛が生えた形になっていた。

動きも従前のテラノサウルスと違って複雑になっていて、目まで動くようになっていた。とまっている時に、じろりと睨まれた時にはドキッとした。

これで1歩でも動いたら恐怖感があるだろう。

続きを読む "茨城自然博物館のリニューアルされた動く恐竜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茨城自然博物館:企画展「アンモナイト・ワールド」

170413_1

今日は「喫茶店の日」、「水産デー」、「決闘の日」。

元気はないけれど、気温が高くなりそうだったので、茨城自然博物館で開催中の企画展「アンモナイト・ワールド」を観に行ってきた。

アンモナイトは不思議な生き物だと思っていたけれど、恐竜よりもさらに時間軸が長大で、想像できる範囲を超えてしまっていて、さらに不思議さが倍増した。

ここ数年の企画展示の中で一番内容の濃い展示内容だった。

続きを読む "茨城自然博物館:企画展「アンモナイト・ワールド」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/28

150キロ走って美術館をはしご

170228_1

今日は七十二候の「草木萌え動く」、「バカヤローの日」、「ビスケットの日」。

茨城県立近代美術館で開催中の「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」を見に、水戸まで行ってきた。

開場前に到着して一番に並んでチケットを購入して早速会場に。奈良の唐招提寺に行った時に御影堂は見学できなかったので、近場で見ることができて幸いだった。

約80メートルにもなる障壁画に圧倒された。東山魁夷先生のファンとしては、ゆっくり二周して見ることができて眼福だった。会場を出てみるとチケット売り場には長蛇の列で、グッドタイミングだったようだ。

続きを読む "150キロ走って美術館をはしご"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/02

国立歴史民俗博物館:「見世物大博覧会」

170202_2

今日は「交番設置記念日」、「頭痛の日」、「国際航空業務再開の日」。

午前中は強風が吹き荒れて、乾燥した畑の土が舞い上がって前が見えないほどだった。

北海道に行くかみさんを成田空港に送っていった帰りにさくらの山で飛行機を見ようと思っていたけれど、強風に負けてしまった。

プランBで佐倉の国立歴史民俗博物館に寄って第3展示室特集展示「見世物大博覧会」を見てきた。

続きを読む "国立歴史民俗博物館:「見世物大博覧会」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/18

東京国立博物館:特別展「春日大社 千年の至宝」とバードウォッチング

170118_13

科博をでて東博で昨日から始まった特別展「春日大社 千年の至宝」に向かった。

”平安の正倉院”と言われる世界遺産の奈良・春日大社の200点を超える宝物、工芸、刀剣、絵画、彫刻などが展示されていた。

国宝、重要文化財も沢山あって眼福だった。

酉年にちなんで本館特別1室と2室で「博物館で初もうで 新春を寿ぐ鳥たち」ということで鳥をテーマにした展示があったので、バードウォッチングしてきた。

続きを読む "東京国立博物館:特別展「春日大社 千年の至宝」とバードウォッチング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国立科学博物館:世界遺産 ラスコー展 ~クロマニョン人が残した洞窟壁画~

170118_1

今日は「振袖火事の日」、「都バス開業の日」。

国立科学博物館で開催中の「世界遺産 ラスコー展 ~クロマニョン人が残した洞窟壁画~」の会期が迫って来たので、あまり気が進まなかったのだけれど行ってきた。

入り口でクロマニオン人母子の復元模型と対面して奥に進むとラスコーの洞窟の三次元模型と壁画を描く時に使われた画材、道具、ランプが展示されていた。

洞窟の三次元模型自体は興味深いけれど、壁画の洞窟での位置関係が示されているわけでもないので、必要性がよく分からなかった。

続きを読む "国立科学博物館:世界遺産 ラスコー展 ~クロマニョン人が残した洞窟壁画~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/21

冬至といえばカボチャ

161221_1

今日は二十四節気の「冬至」、七十二候の「冬生じ夏枯る」、「クロスワード・パズルの日」。

明日から少しづつ昼時間が長くなってくる。不思議なのは日の出の時間は1月中旬まで遅くなることだ。

冬至といえばカボチャということで、レトルトのぜんざいと冷凍のカボチャを電子レンジで加熱して食べてみた。ぜんざいを食べるのは久しぶり。

日曜日から4日間、買い物や郵便局に行く以外はずっと家にいた。ようやく鳥のデータの整理が完了した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/13

佐賀平野と吉野ヶ里遺跡

161213_7

佐賀平野のクリーク地帯を巡ってカササギを探したけれど、雨と低温のためか中々見つけることができなかった。電線にもスズメもとまっていない。

一旦、明日の朝の探鳥ポイントに予定している東よか公園の大授搦に行ってみたところ、カササギに会うことができた。

雨が強くなったり、弱くなったりと天気が回復しそうもないし、暗くて鳥も見難いので、吉野ヶ里歴史公園に行くことにした。

駐車場は、雨の平日ということで、他に1台しか停まっていなかった。シルバー料金で半額で入場できた。

続きを読む "佐賀平野と吉野ヶ里遺跡"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧