2024/05/18

山形市から米沢市を通って帰ってきた

20240518_1

今日は「国際博物館の日」、「国際親善デー」、「18リットル缶の日」。

昨日と打って変わって快晴で気温が29℃近くまで上昇して暑い日となった。

朝ホテルの窓から昨日通ってきた白く雪を冠った月山が見えた。

十数年ぶりに泊まった東横INNの無料の朝食は、おにぎりと味噌汁かと思っていたら、比較的普通のバイキングになっていた。

最終日の今日は、早朝から山形城跡の霞城公園を散策して、9時の開場を待って昨日見ることができなかった山形県博物館と山形市郷土館を見ることにした。

山形城は、天守閣を持たない平城で、明治維新後他県の城址と同じように博物館や野球場や体育館などの公共施設が建てられている。

続きを読む "山形市から米沢市を通って帰ってきた"

| | コメント (0)

2024/05/17

紅花資料館や山寺など

20240517_1

今日は「世界電気通信記念日」、「生命・きずなの日」。

昨日の夕方から荒天となり、夜中に風の音で何度も目覚めるほどの大荒れとなった。

天気予報では日本海側は強風の雨ということで、予定していた羽黒山の出羽三山神社に行くのは中止して、庄内から一気に月山越えで山形市方向に行くことした。

横殴りの雨の中、自動車専用道や高速道路は70km/hの速度規制がかかっていて、景色を見るどころでなかった。

山間部を抜けて内陸部に入ると雨は止み、風も弱くなったので一安心。

最初の目的地は河北町の「紅花資料館」で、江戸時代中期に紅花商を営み財を成した旧堀米四郎兵衛家の屋敷を資料館にした施設で、古い歴史のある最上紅花に関する歴史、生産方法、紅花をつかった製品、藍染めに関する資料、武器や生活用品および古文書などが展示されていた。

敷地面積が1.5haほどと広く、すべてを見るのは時間的に無理だった。

古い建物が沢山あったらしいけれど、老朽化して整理したということだけれど母屋、武者蔵などや新たな展示施設の紅の館、工房、ガラス温室などが建っていた。

続きを読む "紅花資料館や山寺など"

| | コメント (0)

2024/05/16

鶴岡市の加茂水族館と致道博物館など

20240516_1

今日は「旅の日」。

カミさんのリクエストでクラゲで有名な鶴岡市の加茂水族館に行くことにして、早朝5時半頃に出発して、休憩を取りながら昼前に到着できた。

途中の常磐道、磐越道、東北道、山形道は空いていて順調に進むことができた。このコースはCOVID-19になる前の2016年まで毎年のように飛島に鳥を見に行くときに通った道だ。

昼食は遠回りして酒田のさかた海鮮市場で寿司を食べてから水族館に向かった。途中の道で制限速度50km/hの道をゆっくりふらついて走る車があって、追い抜いた時に確認すると顔を赤くした年寄が運転していて最近では珍しい酔っ払いのようだった。

水族館は平日なので空いていてゆっくり見て回ることができた。7月から入場料値上げになるようだ。

この水族館は2回目で2016年に飛島への定期船が欠航した時にいったことがある。

入ってすぐは、近海で見られる魚が展示されていて、よく知っている魚が多いし、食べたことがあるので美味しそうと思ってしまう。

20240516_2

続きを読む "鶴岡市の加茂水族館と致道博物館など"

| | コメント (0)

2024/04/17

内田正男:暦のはなし十二ヶ月 第三版

Koyomi_12 きたきつねは暦に興味があって、特に昔の出来事や伝統行事の季節感は新暦では違和感があって、旧暦が良いと思っている。

暦について分かりやすい本を探していたら、ちょっと古い本だけれど内田正男さんの「暦のはなし十二ヶ月 第三版」を見つけた。

暦の歴史から、新暦、旧暦、二十四節気、七十二候などの説明、歴史的な出来事や短歌や俳句の季節感、日本や太陽暦での毎月の名前や日数、大安や仏滅が意外と新しく使われるようになっているけれど根拠がないことなど、非常に分かりやすく書かれていて、読んで良かった。

| | コメント (0)

2024/03/20

鵜飼秀徳:絶滅する「墓」 日本の知られざる弔い

20240320_2絶滅する『墓』 日本の知られざる弔い」を最近の墓じまいや墓マンションの話かと思いタイトルで買ってしまったけれど、読み始めてしまってから日本の葬送と墓の歴史の話ということが分かったという面目無いことになった。

以前も鈴木理生の「江戸の町は骨だらけ」や歴史民俗博物館の葬送の展示などについて記事を書いていて、葬儀やお墓に興味がないわけでないので、興味深く読了した。

著者は京都の嵯峨嵐山にあるお寺の住職で、お墓に興味を持ち葬送とお墓の歴史と日本各地のお墓について調べた成果をまとめている。

これから多死の時代を迎えるだろうから、旧来の埋葬をどこまで続けることができるか、故郷を遠く離れてしまい実家の扱い、散骨・樹木葬といった多様な埋葬方法など話題は多い。

知っていることも多かったけれど、葬送とお墓について分かりやすく整理されていて、寺の年平均葬儀数は檀家の6%位ということや、魂と肉体を分けて埋葬する「両墓制」が近年崩壊しつつあるとか、庶民が墓を使うようになったのは江戸時代からとか、土葬がムスリムの増加で近年増加しているといった色々と面白い情報を知ることができた。

土葬について、西日本が多いように書かれているけれど、東日本でもまだ行われていることが抜けている。

続きを読む "鵜飼秀徳:絶滅する「墓」 日本の知られざる弔い"

| | コメント (0)

2024/02/12

土浦市宍塚の歴史探訪

20240212_1

今日は「振替休日」、「ペニシリンの日」、「ボブスレーの日」、「パンの日」。

認定NPO法人宍塚の自然と歴史の会の「歴史探訪」に行ってきた。

普段は行かない場所が多いみたいなので、興味津々だった。

見どころ満載だったけれど、4時間強ほぼ休憩もなく11,200歩という強行軍で、足が攣りそうになってしまった。

平坦な場所ばかりではなく上り下りも結構あり、間欠跛行のある老人にはちょっときつかった。

旧石器時代から人が住んでいた場所で、遺跡や色々な時代の特徴的な場所やものがあった。

稲荷神社は昔は集落だけでなく、農家ごとにも祀られていたようで、最近は少なくなっているらしい。

続きを読む "土浦市宍塚の歴史探訪"

| | コメント (0)

2024/02/01

博物館でバードウォッチング

足は痛いのだけれど久しぶりの東京国立博物館なので、1階だけバードウォッチングすることにした。

博物館の展示品の中には花鳥風月が表現されていて、色々な鳥が見つかる。中には正体不明なものもあるけれど、意外と識別できる鳥も見つかるものだ。

江戸時代の「初音蒔絵源氏箪笥」にウグイス

20240201_8

鎌倉時代の「千鳥蒔絵手箱」にハマシギ

20240201_9

続きを読む "博物館でバードウォッチング"

| | コメント (0)

国立科学博物館の特別展「和食」

20240201_1

今日は「重ね正月」、「二月礼者」、「テレビ放送記念日」。

あっという間に1月が終わり2月になってしまった。

南西から温かい風が吹き込んで気温が上昇して4月上旬の陽気となった。

見に行きたいと思っていたがなかなかタイミングが合わずに行けていなかった国立科学博物館で開催中の特別展「和食」にようやく行くことができた。

常磐線に乗るのは去年の11月、上野駅に降りるのは7月以来だった。国立科学博物館と東京国立博物館を見てから秋葉原にいってジャンク通りや秋月電子などを回って来ようと思っていたけれど、科博の特別展で間欠跛行がでてしまい、だましだまし東博でポイントを回っただけでギブアップで帰ってきた。

ユネスコの無形文化遺産に登録された「和食」を食材、和食の成り立ちの歴史、多様な和食、和食の調理道具、個人にとっての和食、和食の未来で構成されていて、和食を多角的な視点から見せるという内容だった。

食というのは、土地の自然環境と利用できる食材などを食べるために工夫を加えることで出来上がって来たということがよく分かる展示となっている。

最初に日本の水が軟水で、海外に多い硬水と違い、色々なものが溶け出しやすいことから出汁の文化が生まれたことが原点にあることがわかる。

続きを読む "国立科学博物館の特別展「和食」"

| | コメント (0)

2024/01/21

ドラマティックコンサート~愛と別れのうた~

20240121_1

今日は「初大師」、「料理番組の日」、「薩長同盟成立の日」、「マーチン・ルーサー・キング記念日」。

久しぶりに40mmを超える雨量の雨の一日。

家人が突然、龍ケ崎市の大昭ホール龍ケ崎で午後にあるコンサート「ドラマティックコンサート~愛と別れのうた~」を聞きに行きたいといいだした。ホールに確認すると当日券が十分あるとうことで、行くことになった。

ホールの窓口で安い二階席を頼もうとしたら、S席の前の方の真ん中の席が開いているというので変更。普通は無いはずだけれど、別の販売所で売れ残って戻ってきたらしい。

大昭ホール龍ケ崎は、1,200席の大きいホールで、小中高のブラスバンドのコンテストでよく使われていて、龍ケ崎市文化会館がネームライツで今の名前になったようだ。

出演者は、ショッピングモールの歌姫の半崎美子さん、元祖泣き歌の女王の澤田知可子さん、シャンソンのクミコさんの3名でちょっと不思議な組み合わせだった。

お客さんはきたきつね達と同じような高齢者が多いようだった。

2時間超のコンサートは、三部構成でそれぞれの歌手が持ち歌を熱唱して、やはり生の歌は良かった。

続きを読む "ドラマティックコンサート~愛と別れのうた~"

| | コメント (0)

2023/11/19

うしく現代美術展

20231119_1

今日は「農業協同組合法公布記念日」、「緑のおばさんの日」、「鉄道電化の日」。

最高気温が20℃と小春日和になった。

家人を市の生涯学習センターの音楽会に送っていったので、今日から同所で始まった「うしく現代美術展」を見てきた。

今年で28回になるということで、きたきつねは初めてだった。

県南で活動している58名の平面、立体、クラフト、映像の多様な作品が展示されていて、非常に刺激になった。

ナイト・イルミネーションやワーク・ショップもあるらしい。

ケーブルテレビの取材がきていた。

20231119_2

続きを読む "うしく現代美術展"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧