2024/05/18

山形市から米沢市を通って帰ってきた

20240518_1

今日は「国際博物館の日」、「国際親善デー」、「18リットル缶の日」。

昨日と打って変わって快晴で気温が29℃近くまで上昇して暑い日となった。

朝ホテルの窓から昨日通ってきた白く雪を冠った月山が見えた。

十数年ぶりに泊まった東横INNの無料の朝食は、おにぎりと味噌汁かと思っていたら、比較的普通のバイキングになっていた。

最終日の今日は、早朝から山形城跡の霞城公園を散策して、9時の開場を待って昨日見ることができなかった山形県博物館と山形市郷土館を見ることにした。

山形城は、天守閣を持たない平城で、明治維新後他県の城址と同じように博物館や野球場や体育館などの公共施設が建てられている。

続きを読む "山形市から米沢市を通って帰ってきた"

| | コメント (0)

2024/05/17

紅花資料館や山寺など

20240517_1

今日は「世界電気通信記念日」、「生命・きずなの日」。

昨日の夕方から荒天となり、夜中に風の音で何度も目覚めるほどの大荒れとなった。

天気予報では日本海側は強風の雨ということで、予定していた羽黒山の出羽三山神社に行くのは中止して、庄内から一気に月山越えで山形市方向に行くことした。

横殴りの雨の中、自動車専用道や高速道路は70km/hの速度規制がかかっていて、景色を見るどころでなかった。

山間部を抜けて内陸部に入ると雨は止み、風も弱くなったので一安心。

最初の目的地は河北町の「紅花資料館」で、江戸時代中期に紅花商を営み財を成した旧堀米四郎兵衛家の屋敷を資料館にした施設で、古い歴史のある最上紅花に関する歴史、生産方法、紅花をつかった製品、藍染めに関する資料、武器や生活用品および古文書などが展示されていた。

敷地面積が1.5haほどと広く、すべてを見るのは時間的に無理だった。

古い建物が沢山あったらしいけれど、老朽化して整理したということだけれど母屋、武者蔵などや新たな展示施設の紅の館、工房、ガラス温室などが建っていた。

続きを読む "紅花資料館や山寺など"

| | コメント (0)

2024/05/16

鶴岡市の加茂水族館と致道博物館など

20240516_1

今日は「旅の日」。

カミさんのリクエストでクラゲで有名な鶴岡市の加茂水族館に行くことにして、早朝5時半頃に出発して、休憩を取りながら昼前に到着できた。

途中の常磐道、磐越道、東北道、山形道は空いていて順調に進むことができた。このコースはCOVID-19になる前の2016年まで毎年のように飛島に鳥を見に行くときに通った道だ。

昼食は遠回りして酒田のさかた海鮮市場で寿司を食べてから水族館に向かった。途中の道で制限速度50km/hの道をゆっくりふらついて走る車があって、追い抜いた時に確認すると顔を赤くした年寄が運転していて最近では珍しい酔っ払いのようだった。

水族館は平日なので空いていてゆっくり見て回ることができた。7月から入場料値上げになるようだ。

この水族館は2回目で2016年に飛島への定期船が欠航した時にいったことがある。

入ってすぐは、近海で見られる魚が展示されていて、よく知っている魚が多いし、食べたことがあるので美味しそうと思ってしまう。

20240516_2

続きを読む "鶴岡市の加茂水族館と致道博物館など"

| | コメント (0)

2024/04/29

霞ヶ浦パトロール

20240429_2

今日は「昭和の日」、「社会教育週間」、「畳の日」。

午前中から夏日。

シギ・チドリ類を探しに霞ヶ浦パトロールに出かけた。

今シーズンは、シギ・チドリ類の動きが悪く、種数、個体数共に越冬個体よりも少ないのではないかと思ってしまう。

例年よりも蓮田や水田の作業は早く、水を張った場所が多くなっているのに、水だけでなく他の環境要因があるのだろうか。

シギ・チドリ類が入る場所は、エサがある場所で、毎年大体同じ場所なのだけれど、そのエサのある場所をどうやって見つけているのだろう。

鳥はひとなどの哺乳類と違い3原色に加えて紫外線が見えるので、紫外線カメラで空中写真を撮ってみると何か違いが出るような気がする。

地球観測衛星は、可視光から波長の長い熱赤外までの画像を撮影していて、紫外分については撮影していないようで、残念だ。

土浦の沖宿の水のない蓮田にトウネンのちさな群れがはいっていた。夏羽の個体も数羽混じっていた。

土浦市、かすみがうら市の蓮田は、シギ・チドリ類の渡りのシーズンになると多くのバーダーが集まってきて、探鳥会も開かれていたが、2004年頃に防鳥網を張るようになってから、特に土浦市側はシギ・チドリ類が全く見られなくなってしまった。

ここ数年数は少ないけれど観察できるようになってきていて、トウネンは久しぶりで夏羽のタシギとコチドリもいた。

続きを読む "霞ヶ浦パトロール"

| | コメント (0)

2024/04/15

稲敷市和田公園のチューリップまつり

20240415_1

今日は「東京ディズニーランド開園の日」、「ヘリコプターの日」、「遺言の日」、「よいこの日」。

昼前から気温が上昇して午後2時過ぎに26.7℃と夏日になってしまった。朝の最低気温が11℃くらいだったから、日較差が15℃以上もあった。

鳥を見の途中、稲敷市浮島の和田公園で10万本のチューリップが満開だった。

和田公園では毎年チューリップまつりを開催していて、今年は14日の日曜日にイベントがあったらしい。

コロナの最初の年は中止になっただけでなく、全部鋤き込まれてしまったのは残念だった。

ひたちなか海浜公園のように大規模ではないけれど、コンパクトだけれどきれいなチューリップを観ることができる。

平日なので人はそれほど多くなかったけれど、近隣の人たちだけでなく、遠方から見に来る人がいるようだ。

タイ語やタガログ語を話しているグループも写真を撮ったりして楽しんでいた。

チューリップの品種の説明やちょっと高い場所から見える台があるともっと楽しめるだろう。

続きを読む "稲敷市和田公園のチューリップまつり"

| | コメント (0)

2024/04/04

霞ヶ浦西浦パトロール

20240404_3

今日は二十四節気の「清明」、七十二候の「燕来る」、「沖縄県誕生の日」、「交通反戦デー」、「トランスジェンダーの日」、「あんぱんの日」。

くもり空だったけれど、弱い南向きの風が吹いて20℃を超えた。

久しぶりに時間がたっぷり取れたので、土浦市の手野の霞ヶ浦の中岸から霞ヶ浦大橋を渡って左岸を通って稲敷の浮島を通って、阿見町の島津までの霞ヶ浦右岸をパトロールしてきた。

カモ類は随分減っていて、ヒドリガモ、マガモ、ホシハジロがほとんど見られなくなっていた。コガモ、ハシビロガモが比較的多く残っていた。

中岸と左岸にカモが集まっていて、右岸ではほとんど見られなくなっていた。

シギ・チドリ類はタシギがほとんど姿を消して、越冬組が残っている程度で、まだ動きが無いような印象だ。

オオバンも大きな群れが減ってきていた。

続きを読む "霞ヶ浦西浦パトロール"

| | コメント (0)

2024/03/27

恒例の八丈島航路へ

20240327_1

今日は「仏壇の日」、「さくらの日」。

近年、3月の後半はアホウドリをみるために仲間と八丈島航路にでかけている。

昨日の強風で今日は八丈島航路は三宅島までしかいけなかったようで、午前中は天候調査で出航は未定だったけれど、午後には出航が決定になった。

午後、明日の朝食と昼食の食料を買いに行って、荷物を作って、少し休んでから、午後10時30分の出航に間に合うように、出発した。

浜松町から新しくできた高架の遊歩道を通って集合場所の竹芝旅客ターミナルに向かった。

20240327_2

続きを読む "恒例の八丈島航路へ"

| | コメント (0)

2024/03/10

日本野鳥の会群馬・館林分会の渡良瀬遊水地探鳥会

20240310_3

今日は旧暦2月1日 で「新月」、七十二候の「桃始めて咲く」、「東京都平和の日」、「東京大空襲記念日」、「農山漁村女性の日」、「山陽新幹線岡山-博多開業記念日」。

先週3月3日にアシ焼きが実施された渡良瀬遊水地での探鳥会に他の野鳥の会支部の探鳥会の運営状況を見てみたいと思って参加してきた。

昨日の風が残っていて、強い風が吹き抜けて体感気温が低く、防寒対策をしっかりしていって正解だった。

集合時間前に第2調整池のコウノトリの巣塔を見ることにした。白く雪を冠った富士山が見えた。

コウノトリは巣塔で抱卵中だった。時々立ち上がって卵を回転しているようだ。

20240310_5

続きを読む "日本野鳥の会群馬・館林分会の渡良瀬遊水地探鳥会"

| | コメント (0)

2024/02/12

土浦市宍塚の歴史探訪

20240212_1

今日は「振替休日」、「ペニシリンの日」、「ボブスレーの日」、「パンの日」。

認定NPO法人宍塚の自然と歴史の会の「歴史探訪」に行ってきた。

普段は行かない場所が多いみたいなので、興味津々だった。

見どころ満載だったけれど、4時間強ほぼ休憩もなく11,200歩という強行軍で、足が攣りそうになってしまった。

平坦な場所ばかりではなく上り下りも結構あり、間欠跛行のある老人にはちょっときつかった。

旧石器時代から人が住んでいた場所で、遺跡や色々な時代の特徴的な場所やものがあった。

稲荷神社は昔は集落だけでなく、農家ごとにも祀られていたようで、最近は少なくなっているらしい。

続きを読む "土浦市宍塚の歴史探訪"

| | コメント (0)

2023/12/18

道の駅 常総と一言主神社

20231218_1

今日は「国連加盟記念日」、「東京駅の日」、「納めの観音」。

天気は良かったけれど、今朝は0℃近くまで気温が下がり、日中も11℃を越えなかったので、日陰で風が吹くと寒かった。

朝、突然かみさんが昨夜テレビで見た「道の駅 常総」に行きたいというので、でかけてみた。

「道の駅 常総」は国道294号と圏央道の常総ICに隣接していて、茨城県内だけでなく栃木県、埼玉県方面からの集客も狙っているようだ。

道の駅の隣にTSUTAYA BOOKSTORE常総があった。

テレビで紹介されるくらいなので、平日にも関わらず道の駅は買い物する人で賑わっていた。

常総市周辺だけでなく県内の商品も並んでいて、ワンストップで買い物できるように考えられているようだ。

続きを読む "道の駅 常総と一言主神社"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧