2019/09/14

台風一過の里山散歩

20190914_1

台風15号が通り過ぎてから初めての里山散歩にでかけた。

スタート時は20度ほどで涼しかったけれど、昼ころになると気温が上がり汗ばむほどだった。気温が低いときはツクツクボウシの大合唱で、熱くなってくるとミンミンゼミがうるさくなってきた。

雑木林の道は台風の強風で、倒木や折れた枝で覆われていて、強い風が吹いたことが一目瞭然。

通行の邪魔になる折れた枝を取り除きながらの散歩だったけれど、いろいろな生き物との出会いがあって楽しい散歩だった。

蝉がうるさすぎて小鳥の声が聞こえないのが困ったものだ。ウグイス、ヒヨドリの声が全く聞こえなかったのが不思議だ。

| | コメント (0)

2019/09/12

稲敷の蓮田と水田パトロール

20190912_1

今日は「水路記念日」、「宇宙の日」、「パンの日」。

午後は予定があるので、午前中稲敷の蓮田と水田を回ってきた。

水田は稲刈りがほぼ終わりに近くなっていて、一部、飼料米が残っているだけだった。

チュウジシギを探し回ったけれど、見つけられなかった。

コガモの渡りが始まってきたようで、小さな群れを見ることができた。群れの中にシマアジが混じっていた。

続きを読む "稲敷の蓮田と水田パトロール"

| | コメント (0)

2019/09/10

今日の飛びもの 千葉県警察のKawasaki BK117C-1(JA6815)

20190910_7

千葉県九十九里町の片貝海岸上空を千葉県警察のKawasaki BK117C-1(JA6815)が通過した。


| | コメント (0)

茨城と千葉の漁港めぐり

20190910_2

台風15号の落とし物を期待して波崎漁港、銚子漁港、犬吠埼、長崎鼻、外川漁港、犬若漁港、飯岡漁港、片貝漁港をまわってきた。

波崎・銚子周辺の海上は濃霧がでていて、沖合のオオミズナギドリが薄っすらとみえるだけ。

港の中はウミネコとカワウだけだった。飯岡漁港にはスナメリが入っていた。

空振りはいやなので九十九里の片貝漁港と海水浴場の間の水溜りに寄ってきた。

海岸の波打ち際に300羽位のミユビシギの群れがいた。

続きを読む "茨城と千葉の漁港めぐり"

| | コメント (0)

台風の被害

20190910_1

今日は「知的障害者愛護デー」、「カラーテレビ放送記念日」、「下水道の日」。

熱帯夜で寝苦しかったけれど、日中も最高気温が35度近くまで上昇して真夏に逆戻り。

台風後の出会いを求めて波崎・銚子から九十九里を回ってきたけれど、各地で台風の爪痕が残されたいた。マスコミは大きな被害しか報道しないけれど、屋根の瓦が飛んだり、トタンが剥がれたり、壁やガラスが壊れたり、物置が飛んだり、木が倒れたりと広範囲に被害が出ている。

千葉県内は停電で交通信号が止まったり、コンビニや食堂が営業を休止していたりしていた。大きな道で信号のないところは非常に怖い。

銚子漁港から犬吠埼に向かう道が風で巻き上げられた砂で道路が埋まっていた。

夜は大気が不安定で広い範囲で雷雲が発生して、窓の外が稲妻で明るくなっていた。瞬停が4回あったけれど、iMacには無停電電源をつけているので作業を中断することもなかった。

ノートブックは内蔵電池があるので停電に強いけれど、ディスクトップは瞬停でも止まるので無停電電源装置は必須だろう。

小説家、漫画原作者、タレントの安部譲二さんが2日に亡くなっていた。82歳。合唱。1980年代後半に知ることになったけれど、中学生の時から帰国子女の山の手のお坊ちゃんでヤクザという仰天の過去があって、面白いおじさんだと思っていた。

続きを読む "台風の被害"

| | コメント (0)

2019/09/07

栃木県小山市の夏水水田

20190907_1

今日は「CMソングの日」、「クリーナーの日」。

珍しい鳥がいるというので、早起きして栃木県小山市の夏水水田にいってきた。

家を出るのが少し遅かったので、現地についた時には何もいなかった。知り合いがいたので聞くと30分くらい前に飛んでいったということ。

一応、探してみようと知り合いと手分けして探すことに。水の入った夏水水田をさがして水田の中を回っていると、知り合いから見つかったという連絡が入った。

急いで行ってみると、水田の中にいた。

続きを読む "栃木県小山市の夏水水田"

| | コメント (0)

2019/09/05

土浦の蓮田でシギ・チドリを見た

20190905_9

水戸森林公園でタカの渡りを見ている時に、土浦市の沖宿の蓮田にシギ・チドリが多く入っているという連絡があったので、帰りに寄ってみた。

行ってみるとレンコンを収穫するために茎葉を刈り払った蓮田があって、スコープで見てみるといろいろな種類のシギ・チドリが入っていた。

鳥は奥の方にいたので、一応記録写真を撮ってきた。

一番最初に目に入ったのはセイタカシギで白くて大きいから直ぐにわかった。クサシギもいた。

続きを読む "土浦の蓮田でシギ・チドリを見た"

| | コメント (0)

今日の飛びもの 朝日航洋のドクターヘリMcDonnell Douglas MD-900 Explorer(JA6911)

20190905_4

水戸森林公園上空を朝日航洋のドクターヘリMcDonnell Douglas MD-900 Explorer(JA6911)が通過した。


| | コメント (0)

水戸森林公園のタカの渡り調査に行ってきた

20190905_1

今日は「国民栄誉賞の日」、「石炭の日」。

少し早起きして水戸森林公園のタカの渡り調査に参加してきた。ここでの調査は2003年から継続されていて、8月15日から9月30日毎日実施されている。

水戸市森林公園に向かう途中の交差点の信号に「木葉下」とでていたが、ローマ字表記がなければ読めなかった。この住所は水戸市木葉下町で難読地名で、下妻市の高道祖と並んで普通は読めないと思う。

木葉下は「あぼっけ」と読み、アイヌ語が起源らしい。高道祖は「たかさい」と読む。地名は、名字よりも難読なものが多いような気がする

。牛久市の女化も「おなばけ」と読み、葛の葉伝説がからんでいるようだ。

タカの渡り調査は森林公園の大鍋展望台から通過するサシバ、ハチクマ、ノスリなどのタカをカウントしていて、今日は全体でトビを除き39羽を観察することができた。

少し早めに帰ったのでハチクマを見逃したのは残念だった。

続きを読む "水戸森林公園のタカの渡り調査に行ってきた"

| | コメント (0)

2019/09/04

写真展「嶋田忠 野生の瞬間」

20190904_1

今日は「世界老人給食の日」、「関西国際空港開港記念日」、「クラシック音楽の日」。

午前中、恵比寿ガーデンプレイスの東京都写真美術館に野鳥写真家の嶋田忠さんの写真展「野生の瞬間」を見にいってきた。

写真家としての約40年間の軌跡を示す写真とニューギニア島で撮影したフウチョウ類の写真は眼福だった。

特に、カメラが勝手に撮ってくれるような最近のデジカメではなく、フイルムカメラで撮った作品は素晴らしかった。

きたきつねのような証拠写真と生態写真作品の違いがよくわかった。

午後からの用事まで時間があったので、写真美術館の収蔵品の展示「写真の時間」も見てきた。

続きを読む "写真展「嶋田忠 野生の瞬間」"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧