2023/01/19

東庄町・銚子市周辺から神栖市、稲敷市

20230119_2

今日は「のど自慢の日」、「家庭消火器点検の日」。

銚子・波崎方面に行くことにして、途中の東庄町夏目の夏目の堰(八丁堰)に寄ってみた。

出発が遅かったので10時頃に到着したので、コハクチョウは飛び出した後で、水面は戻ってきたカモでびっしりだった。

これだけカモの密度が高い場所はないのではないだろうか。

カモは、オナガガモとマガモが優先なのだけれど、トモエガモも数が多く全体に広がっていていた。

20230119_3

続きを読む "東庄町・銚子市周辺から神栖市、稲敷市"

| | コメント (0)

2023/01/17

渡良瀬遊水地

20230117_3

今日は「冬土用入」、「阪神淡路大震災記念日」、「防災とボランティアの日」、「湾岸戦争開戦の日」。

今朝は氷点下2度まで下がったのと、前日の雨で濡れていたので至るところカリカリに凍結していた。

たまには遠征ということで、恒例のヨシ焼きが3月4日に予定されているので、その前に2度ほど生きたいと思うので、天気が良くなりそうなので渡良瀬遊水地に行ってみた。

昨年の12月に行った時は鳥を探すのが大変だったけれど、気温が低かったのに鳥の動きは活発で、55種確認できた。見落としがあるから、もっと多く見られたかも知れない。

着いてすぐにヨシ原の上にチュウヒがでてくれた。

続きを読む "渡良瀬遊水地"

| | コメント (0)

2022/12/15

霞ヶ浦パトロール

20221215_1

今日は「普通選挙法成立の日」、「年賀郵便特別扱い開始」、「観光バス記念日」。

天気が良いし予定もないので、霞ヶ浦パトローに行ってきた。

土浦市手野からかすみがうら市を通り抜け、石岡市。小美玉市、稲敷市稲波干拓までの湖岸線を見てきた。

いつもは霞ヶ浦大橋を渡ってしまうのだけれど、霞ヶ浦中岸と左岸の全てと右岸の一部を回ったことになる。

この時期は日が短いので美浦村、阿見町、土浦の桜川河口の区間は時間切れになってしまった。

霞ヶ浦の蓮田は、お歳暮向けのレンコンの出荷作業で忙しそうだった。

今朝も氷点下まで気温が下がったので、蓮田は氷が張っていて、午前中に出荷するために氷を割っての作業で、大変だろう。

狩猟期間なので、湖面のカモを銃猟することのできない中岸にカモが集まっていた。

狩猟できるカモはヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、クロガモの11種だけれど、狩猟対象ではないカモも近づかないようだ。

今年からオオバンが狩猟対象から外れたけれど、オオバンはそんなことは知らないので、

続きを読む "霞ヶ浦パトロール"

| | コメント (0)

2022/11/15

狩猟解禁が始まった

20221115_1

今日は「一般鳥獣狩猟解禁」、「七五三」、「かまぼこの日」。

雨が降り、北風が吹いて12月初旬の気温となった。

こんな日はおとなしくしているに限る。

今日から鳥獣狩猟が解禁となる。茨城県は禁猟区が少なく、銃猟可能な場所が多いので、首都圏からハンターがやてくる。

銃猟が可能な場所の多くは、探鳥地が含まれるためバードウォッチングする際も注意が必要だ。

COVID-19のワクチン接種5回目の案内が来ていたので、スマホのLINEから予約した。

細かな文字が読みにくく、指先が乾燥して、さらに細か動動かしづらい老人がスマホで予約するのは、なかなか難しいものがある。

予約サイトが混雑していたようで、LINEの反応が遅く、焦って別のボタンを押して2回も失敗してしまった。PCから予約すればよかったと反省。

午後は、NHKプラスとTVerで先週末からの見逃したテレビ番組をみていた。

NHKスイッチインタービューの「養老孟司×太刀川英輔 EP1」と「養老孟司×太刀川英輔 EP2」は工業デザイナーの太刀川さんの「進化思考」をめぐる対話は興味深かかった。

続きを読む "狩猟解禁が始まった"

| | コメント (0)

2022/10/30

雨引の里と彫刻2022

20221030_1

桜川市で開催中の「雨引の里と彫刻2022」の夫婦で行ってきた。

予報通り天気が良く、気温も高かったので非常に快適な芸術の秋になった。

「雨引の里と彫刻」は1996年から始まった野外彫刻展で、最初は定期開催だったけれど、中断の時期を挟んで今回で12回目になる。

毎回ではないけれど半分以上は見に行っているかもしれない。

今回はコロナ禍で中断していたけれど、再開となり33人の作家が参加していた。

作品は桜川市の本木地区と大曽根地区を中心に総延長13kmに展示されていた。コースは分かりやすく案内看板が設置されて迷うことなく2時間半くらいで回ることができた。

インフォメーションのある大和ふれあいセンター「シトラス」では貸し出し自転車が用意されている。

素人なのでよく分からないものがあったけれど、面白いと感じるものはあった。

國安孝昌の「筑波嶺の産土神の御座2022」は、筑波山と環境としていて、屋外彫刻らしいと思った。

続きを読む "雨引の里と彫刻2022"

| | コメント (0)

2022/10/24

航路であった船達

20221024_1

今日は「国連デー」、「暗黒の木曜日」、「世界開発情報の日」。

雨なので、荷物を片付けて、双眼鏡をお湯で、カメラを濡れタオルで塩抜き。衣類、カッパなどは明日の天気を見てになるだろう。

鳥がでない時間帯は出会った船を撮っていた。

大量輸送や危険物の輸送などは海上輸送が一番効率がいいから、日本近海には多様な内航船が航行している。

海鳥観察の時は、いろいろな船に出会えるのだけれど、適当に見ていて特徴のある船の写真を撮ることはあっても、特にその船について調べることもなかった。

今回は、鳥が少ない時間帯があったので船の写真を撮って調べてみた。

スタートは、きたきつねが乗船している大洗苫小牧航路の深夜便の下り便のさんふらわあ「だいせつ」とすれ違った上り便のさんふぁうらわあ「しれとこ」で、全く同じ船体のフェリーだ。

続きを読む "航路であった船達"

| | コメント (0)

2022/10/20

航路で海鳥観察に出発

20221020_1

今日は「秋土用入」、「リサイクルの日」、「新聞広告の日」。

友達が格安ツアーをセットしてくれたので、大洗から苫小牧、苫小牧から八戸往復、苫小牧から大洗とフェリーを使った3泊4日の海鳥観察の旅に出ることにした。

苫小牧では、フェリーまでの待ち時間を使ってウトナイ湖のマガンの塒入りを見るという欲張りなプランになっている。

フェリーに乗船している3日間は、日の出から日没近くまで甲板の上という強行軍で、慣れているとはいえ、腰の悪い老人には難行苦行に変わりはない。

海況予報では、天気が比較的良好で、気温が高めで、風が弱いということだけれど、北海道に向かうので防寒対策は必須なので、防寒衣料は少し多めに持つことになる。

深夜便のフェリーにはレストランがないため食料もあるので、に荷物は多めになる。

車で大洗のフェリーターミナルまでいって、22時30分に乗船して直ぐに就寝。

| | コメント (0)

2022/08/23

房総のむら

20220823_1

今日は二十四節気の「処暑」、七十二候の「綿の花しべ開く」、「奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー」。

昨日までと一転して南向きの風になり気温が上昇して34度と暑い一日になった、夜になっても30度近い温度が続いている。

午前中にまごぎつねと千葉県栄町の房総のむらに行ってきた。

気温が高いので汗だくになりながら施設内を巡った。

夏休みで子供連れが多く、入り口にあるコスプレの館で衣装を借りて歩いている人もいた。

続きを読む "房総のむら"

| | コメント (0)

2022/08/19

チバラギを駆け足で

20220819_3

天気が良くなったので久しぶりに遠出することにして、片貝漁港、飯岡漁港、外川漁港、長崎海岸、銚子漁港、波崎漁港、矢田部、稲敷を廻ってきた。

今シーズンはアジサ類が全く不作で、最近海岸にいっていないしということで、特に何も期待しないドライブ。

片貝漁港の通称水溜りは、埋められてしまい水溜りはもう期待できないようだ。去年はスプーニーが来たのに残念だ。

海岸にでてみると、キョウジョシギとミユビシギの小群がいて、波打ち際を移動していた。

乾いた砂浜をコチドリとシロチドリがウロウロしていた。

遠くの沖にはオオミズナギドリが飛んでいた。

続きを読む "チバラギを駆け足で"

| | コメント (0)

2022/08/04

霞ヶ浦パトロール

20220804_1

今日は旧暦の「七夕の節句」、「橋の日」、「箸の日」、「ビアホールの日」。

最高気温が26.4度と昨日よりも一気に11.7度も下がってしまった。

暑さだけでなく、色々と忙しかったので鳥成分が不足して来ているので、土浦の手野から霞ヶ浦西浦中岸を上がり、霞ヶ浦大橋を渡り左岸を下り北利根橋から稲敷の右岸を通って甘田入り干拓をのぞいてから阿見町島津までを鳥見をしながらドライブしてきた。

午前中は気温が低く、窓を開けて走っていると強い東風が吹いていて寒いくらいだった。

蓮田は収穫が始まったばかりで開水面は少なく、稲敷の早場米地帯も稲刈りには半月ほど早いというところで、例年のように鳥は見づらい状態だった。

それでも、ぽつりぽつりと鳥が出てくれたので鳥成分を吸収できた。

蓮田は、蓮の花盛りだけれど、昔のように花が盛大に咲く品種がほとんど無くなったので、寂しいかぎりだった。

今年も故障で渡らずに越夏したカモが何種類か見ることができた。

続きを読む "霞ヶ浦パトロール"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧