2019/07/20

真夏日に里山散歩

20190720_1

今日は「夏土用入」、「月面着陸の日」、「ファクシミリ記念日」、「修学旅行の日」。

7月になって初めての真夏日。湿度も高いので体が着いて行かない感じで、汗びっしょりになって里山散歩。

池のハスが一斉にピンクの花を咲かせていた。最近、霞ヶ浦の蓮田のハスは品種が変わって白い花ばかりになってしまったけれど、ピンクの花のほうが好きだ。

雑木林の木々や雑草が伸びていて鳥が見にくいのに、子連れの鳥が静かに移動しているのでさらに鳥を見るのが難しくなってきた。

ハシボソガラスが騒いでたので何かいるのかと思っていたら、サシバが離れた木に止まっていた。

続きを読む "真夏日に里山散歩"

| | コメント (0)

2019/07/19

今日の飛びもの 全日空のAirbus A380-841(JA381A)

20190719_3

阿見町荒川本郷上空を全日空のホノルル空港から成田空港に向かうNH183便、Airbus A380-841(JA381A)が通過した。

北向の風と雲の厚い日が続いていて飛行機をみる事ができていなかった。

今日は雲の切れ間の青空に出てくれた。

| | コメント (0)

2019/07/18

東京に出たついでに

20190718_1

今日は七十二候の「鷹技を習う」、「光化学スモッグの日」。

午後に秋葉原で文房具メーカーのイベントで、東京に出たついでに国立科学博物館と東京国立博物館をちょっと見てきた。

国立科学博物館で始まった特別展「恐竜博2019」はまごぎつねと行く予定なので、「植物画コンクール入選作品展」を見てきた。

8月には筑波実験植物園でも見ることができるのだけれど、本館の方が見やすいと思う。

植物画は年々レベルが上っている印象がする。

小学生の部の国立科学博物館長賞は小学2年生の作品で、まごぎつねの絵との落差に驚愕した。

続きを読む "東京に出たついでに"

| | コメント (0)

2019/07/17

近くの水田巡り

20190717_1

今日は旧暦6月15日で「満月」、「東京の日」、「漫画の日」。

7月に入って三度めの夏日になった。

最近、天気が悪いので鳥を見るためのモチベーションが低下傾向で、グダグダが続いている。

天気が良くなる傾向なので、リハビリを兼ねて近くの水田地帯にオオジシギを探しに行ってみた。

サギ類とカルガモばかりで空振り。執念が足りないのか?

続きを読む "近くの水田巡り"

| | コメント (0)

2019/07/13

雨上がりの里山散歩

20190713_2

久しぶりの夏日で汗をかきながら里山散歩。

雨降りが続いていたので長靴は必須だ。

一時は全く見られなかった池のハスが大復活して、池の半分以上を覆うことになった。泥の中で眠っていた種が発芽したのだろう。

雨が降ると、気温が低くても里山は命に溢れていて、珍しいものが次々と出てくるので楽しくてしかたがない。

林の中でヒキガエルの幼体が飛び出してきた。ヒキガエルは、親の大きさが想像できないくらい小さい体で水から上がって林に入っていく。

続きを読む "雨上がりの里山散歩"

| | コメント (0)

2019/07/12

茨城県自然博物館で企画展「狩-ハンターたちの研ぎ澄まされた技と姿-」

20190712_1

午前中時間があったので、茨城県自然博物館先週土曜日から始まった企画展「狩 –ハンターたちの研ぎ澄まされた技と姿-」を見に行ってきた。

哺乳類から鳥類,爬虫類,昆虫,クモ,食虫植物の多様な生物の狩りをテーマにした展示で、剥製や模型などで狩りのシーンを再現したり、体の構造などを紹介していた。

自然博の展示も回数を重ねる毎に充実してきていて、昨年あたりから一段と良くなっている感じがする。

エントランスでムースにピューマが飛びついている剥製が出迎えてくれた。

続きを読む "茨城県自然博物館で企画展「狩-ハンターたちの研ぎ澄まされた技と姿-」"

| | コメント (0)

2019/07/10

東京国立博物館の特別展「三国志」

20190710_2

特別展「三国志」は後漢から三国時代の文物をと三国志をオーバラップさせて見せる展示で、「リアル三国志」がテーマらしい。

横山光輝さんの漫画「三国志」のオリジナル原稿やNHKの人形劇「三国志」に使われた人形美術家の川本喜八郎さんの作った人形が並んでいたりとこれまでの東京国立博物館の特別展とはちょっと違った展示内容となっていた。

それと、東博の特別展は写真撮影は禁止で、最近は撮影スポットを一ヶ所用意されるくらいだったけれど、今回は全て撮影可となっていて驚いた。

展示されている文物だけでは、虚構が満載の「三国志演義」の世界を取り込まないと、平成館の二階の二室を埋めるのは難しかったのかもしれない。

写真をたくさん撮ってきたけれど、実物を見てほしいので、面白そうなものだけを選んでみた。

続きを読む "東京国立博物館の特別展「三国志」"

| | コメント (0)

2019/07/06

雨上がりの里山散歩

20190706_1

今日は「記念日の日」、「サラダ記念日」、「ピアノの日」。

早朝まで降っていた雨が上がったので里山散歩にいってきた。

鳥の親子が動き回り、目に入る昆虫うや草花の種類が一気に増えてきているようだ。

谷津の奥に半夏生の大群落ができていた。近づける場所ではないので台地の上から見るだけだけれど、半分白くなった葉がよく見えた。

水田にはアキアカネが続々と羽化していた。一、二週間すると空いっぱいに飛び上がり南風に乗って北の山に向け飛んでいくのだろう。

チュウサギは繁殖を終えて蓑毛を落とし、嘴もオレンジ色に変わってきている。

続きを読む "雨上がりの里山散歩"

| | コメント (0)

2019/07/03

九十九里へ

20190703_1

今日は旧暦6月1日で「新月」、「通天閣開業記念日」、「ソフトクリームの日」。

午前中は睡眠時無呼吸症候群の定期検診。CPAPの使用率は100%。ただ1月に変えた新しい機器がどうも合わないようで、快眠とはなっていない。

病院の帰り、梅雨の中休みで雨が降らないようなので、九十九里にベニアジサシを探しにいってみた。

現場について見ると知り合いがいて、今日は朝から見られていないということで、今回も外れ。

イワシが岸寄りにいるようで、コアジサシが波打ち際に飛び込んでカタクチイワシを獲っていた。オオミズナギドリの群れも近づいてきていた。

続きを読む "九十九里へ"

| | コメント (0)

2019/06/29

雨の中の里山散歩

20190629_1

目が覚めて外を見ると雨が降っていなかったので、三週間ぶり里山散歩にでかけた。

途中から霧雨が降り始め、後半は雨音がするくらいの降り方になって、帰る頃には小雨が降ったりやんだりになった。

久しぶりに緑に囲まれると足の痛みも軽くなるような気分になって非常に気持が良い。

里山の入り口でウバカゲロウの卵(優曇華の花)を見つけた。

 

続きを読む "雨の中の里山散歩"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧